FC2ブログ

H30年度確定申告(還付申告)を完了しました

確定申告期間(今年は2/18(月)~3/15(金))前ですが、自宅近くの特別申告会場でH30年度分の確定申告(還付申告)を完了しました。

よく知られているように、“還付申告”であればその年の確定申告期間を待たずに、年初から申告が出来ます。
(参考リンク→国税庁「確定申告期に多いお問合せ事項Q&A【確定申告・還付申告】」

また、(申告内容に制限はあるものの)最近は市役所や税務署が設置する特別申告会場などで確定申告を受け付ける機会が増えています。所轄の税務署が遠かったり、直接行くのがめんどうな人には有り難いですね。
最近はふるさと納税やセルフメディケーション税制の利用が増えて、個人でも確定申告する人が増えてるはずですから、国税庁もどんどん申告方法や機会の多様化を進めて欲しいです。

もちろんインターネットや郵送による申告も可能です。今年は特別申告会場で税理士の無料相談(記載内容の確認)を受けてから提出しましたが、来年はe-Taxで申告してみようと思っています(マイナンバー方式は通信トラブル事例が多そうなのでID&パスワード方式を使う予定)。

-----

さて、2018年度はリタイア初年度でしたが、申告内容はざっくりと以下の5点となりました。

(以下所得です)
1.給与所得:①前職の最終給与(2017年12月分として1月に給与所得有り)、②週2日実施しているパートの給与収入
2.配当所得:海外口座で所有する株式(ETF)による配当所得
3.雑所得:外貨預金の為替差益
(過去エントリー→「アーリーリタイア後は複数の収入源を確保する」

(以下給与・基礎・配偶者控除等を除く控除です)
4.社会保険料控除:任意継続保険料支払いによる控除
5.小規模企業共済等掛金控除:iDeCo掛金拠出による控除

だいたいこんなところですね。

過去エントリーで書いたように(↓過去エントリー参照)、2.の海外口座の配当所得については、リタイア後の収入が少ないので、税率の低い[総合課税]で申告しています。給与収入の高い人は[分離課税]での申告を検討している方もいるかと思いますが、“海外口座所有のETFは非上場株式扱い”と解釈され[分離課税]扱いに出来ない可能性が高い為、一度税務署に相談してみることを強くお勧めします。

過去エントリー(↓)
-----
「【H30年度確定申告版】海外口座の株式・ETF等の配当所得を申告する方法」
「【H29年度確定申告】 海外口座の配当所得を申告分離課税する場合の注意点」
-----

また、(多くのリタイア1年目の人がそうであるように)今年は4.の社会保険料控除額が非常に大きいです(H29年度=勤労最終年度収入で保険料が計算された為)。よって控除分を差し引いた所得税の課税所得は「0」となり、前年度の最終給与で引かれた源泉徴収が還付される見込みです。

いっぽう今年度(H31年度)は保険料がぐっと下がる為、前年度のような社会保険料控除は見込めません。できれば同程度に所得税額を押さえたいので、以下の節税方法を考えています。

1)国民年金の前納制度を利用する(最大で2年分の支払いが一括で控除出来ます。※1年毎の分割控除も可能)
2)iDeCo掛金拠出を引き上げる(自営業や無職の場合、最大で年額816千円(68千円/月)が控除可能)

この辺は悩ましいところで、アーリーリタイア後はたいした収入が見込めないため、手元に流動資産(=キャッシュまたは生活防衛資金)をある程度残すために多少の税金を払う、という選択もあり得ます。いっぽう手元資金に十分余裕があると考えられる場合は、上記1)2)を使って将来の年金額を上乗せしつつ節税を行う戦略も考えられます。
(過去エントリー→「2019年のファイナンシャルストラテジーを考える」

いずれにせよ、ようやく確定申告が終了して一息つけたので(たったこれだけの申告なんですけどね(笑))、しばらくはお金のことは考えずに、九州の暖かい冬を満喫しようと思います。
(過去エントリー→「住む場所に一番大事なのは気候」

(おわり)

節税や資産形成に有効なiDeCoやつみたてNISAの本としては最もおすすめできる本です(↓)
(参考エントリー→「iDeCoを一括非課税で受給するなら45歳でアーリーリタイア」
スポンサーサイト

車の所有についてもう一度考えてみる(マイカーvsカーシェアリング比較)

住んでる賃貸住宅のすぐそばにTimesのカーシェアリングステーションが出来ることを知りました。

今住んでいる場所は福岡市内からだいたい30分くらいの住宅街なのですが、引越し前から車を持っていたことに加えて、“車無しでもやっていけないことはないが、車を手放すには少々不便”な場所なので、そのまま車を所有し続けています。
(→過去エントリー「車を持たないと圧倒的に生活コストが安い」

自家用車の所有コストについては、以前「クルマ支出を最小限にする」というエントリーで、車のコストについて一度計算していますが(→過去エントリー「クルマ支出を最小限にする」)、
今回カーシェアリングが利用可能となるのをきっかけに、『マイカーvsカーシェアリング』という切り口で、再度自動車のコストを比較をしてみたいと思います。

実はこのエントリーを書こうと思ったもう1つのきっかけは、ツイッター経由で見かけた以下の記事です(↓)。
(参考リンク→「【自動車維持費】生涯にかかる自動車費用は3,000万円以上」~米国株投資と家計管理と~家計フォワード~より)
この記事では割と贅沢な車に乗ることを前提にしているようですが、『ただのトランスポーター(移動手段)として考えればそんなにかからんだろ?』というのが率直な感想でした。

というわけで、さっそく検証してみます。

まずは車を所有した場合のコストについて、以前のエントリーよりもう少し詳細に費用を計算してみました。
(→過去エントリー「クルマ支出を最小限にする」

【自動車所有のコスト試算(2018年実績ベース)】
車両価格:1,100,000円(1年落ち中古、車検2回分、計6年所有予定)・・・183,333円/年
車検費用(自賠責保険・ディーラー定期メンテナンス費用含む):95,194円×2回/6年・・・31,731円/年
オイル交換(ディーラー割引有り):1,080円/年
タイヤ代:42,336円×2回/6年・・・14,112円/年
自動車税:34,500円/年
任意保険:31,250円/年
駐車場代:5,076円/月・・・60,692円/年
ガソリン代:2,462円/月・・・29,544円/年
-----------
合計:386,242円/年→32,186円/月

紹介したサイトでは年間60万円以上という試算でしたが、自分の場合はざっくり2/3程度ですね。月額でも約32千円なので、利便性を考慮すれば許容範囲でしょう(無職には大きな出費ですが)。

尚、任意保険代が安すぎる(事故歴が無いため)というツッコミがありそうですが、仮に保険が高い若年時でも、車両本体価格を下げたり(実際20代は更に安い中古車に乗っていました)、軽自動車に替えて自動車税を下げれば、おそらく年間の平均コストは同程度にを圧縮出来ると思います。

続いてカーシェアリング(タイムズ)を利用した場合のシミュレーションをしてみます。

【カーシェアリングのコスト試算(Timesカーシェアの場合)】
入会金(カード発行料):1,550円→129円/月(1年継続利用)
月額基本料金:1,030円/月
ベーシック料金(近距離利用12回/月):9,888円/月(基本料金824円/時間)
12時間パック料金(長距離利用1回/月):8,290円/月(基本料金6,690円+距離料金1,600円)
-----------
合計:19,337円/月

-----

結果、カーシェアリング利用の方が、割と頻繁に利用(週3回)することを想定しても△12,849円/月安くなることが判明しました。
つまりカーシェアの方が圧倒的に経済合理的です。

さて、この結果を受けて今後車の所有をどうするかという点ですが、結論としては。。。しばらく手放しません(笑)
理由は以下のとおりです。

1.既に車両価格が支払い済みであること。
コスト試算上は車体費用を(減価償却的に)分割して計算しましたが、会社員生活最後の年に中古車を一括購入しており、この費用は既に支払い済みです。つまり、リタイア後にかかるランニングコストとしては16,909円/月となり(車両価格除いて計算)、これはほぼカーシェアリング並みです。考え方としては損益計算よりもキャッシュフロー重視、みたいなものでしょうか。

2.近い将来、更に田舎に引っ越す見込みであること。
今は“車があれば便利”な場所なのですが、今後“車がないと生活が成り立たない”土地に引っ越すことを想定しています。
(過去エントリー→「地元回帰願望と2ちゃんねる「漁師と億万長者の話」」

3.金額に現れない機会損失を逃したくない為。
すでにセミリタイア状態の為、近場から遠方まで、平日にいろんな場所へ車で自由に出かけることが出来ます。カーシェアリングに切り換えると、(頭ではコストが安いと判っていても)結局は利用を躊躇することになりそうです。これは節約には効果絶大ですが、せっかく手に入れた時間と移動の自由度を阻害することになりかねません。

まぁなんだかんだいっても3番の理由が一番大きくて、結局お金よりも楽しみ(時間)を取る、といったところです。
とは言え、今後車を手放すときは間違いなくカーシェアリングが選択肢に入ってくるでしょうから、今後もときどき情報をアップデートしていきたいと思います。

皆さんもカーシェアリングが利用出来る環境ならば、一度自分の条件に当てはめて試算してみることをお勧めします。

(おわり)

地元回帰願望と2ちゃんねる「漁師と億万長者の話」

ブログでは初めて言及します。

2017年末にアーリーリタイアした後、穏やかな気候と安いリビングコストを目指して福岡に移住していますが、今後数年の内に地元の山梨に戻ることを計画しています。
(過去エントリー→「45歳でアーリーリタイア(セミリタイア)しました」
(過去エントリー→「住む場所に一番大事なのは気候」

地元に帰る目的は、「両親が少しでも元気なうちに一緒に(近くで)暮らしたい」というありがちなものですが、正直なところ、どうにも“人生の後戻り感”のような感情が拭えません。

そこでふっと思い出したのが、昔「2ちゃんねる」という巨大インターネット掲示板(掲示板も死語かな。。。)でよく見かけた有名なテンプレート「漁師と億万長者の話」です(↓)。

(以下引用です)
-----
メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。
すると漁師は
「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が
「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、
漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」
-----
(引用おわり)

このテンプレを自分の人生にあてはめれば、「何だ、せっかく大学出てそこそこの会社(中小企業ですが)に就職、海外勤務までした挙句に結局地元に戻るなら、高卒で地元に就職して家庭を持ってマイルドヤンキー的な生活をするのと、結局のところ今の幸福度は変わらないじゃん」ということになりそうです(笑)。

とここまで考えながら、いやいや、ちょっと待てよ(笑)と考えを改めました。

まぁ、“外から見れば”着地点として確かに同じかもしれません。が、しかし、

1.地元から外に出て、国内・海外を含め人・文化・生活の多様性に揉まれた結果、思考&指向が豊かになった(と思う)。
(過去エントリー→「世界には中心がたくさんある」

2.外に出て稼ぐことで、ある程度資産をストックすることが出来たので、(仕事が余りない)田舎でもそれほど生活資金の心配をしなくていい。
(過去エントリー→「アーリーリタイア後は複数の収入源を確保する」

3.何より「自分で考えて、行動し、結果を受け入れる」ことの価値を、自己の体験として認識出来ている。

などなど、地元から“外に出る”ことでかけがえの無いものを手に入れることが出来ました。
(余談ですが、もし地方在住の方で、お子さんの他県や海外への進学に悩んでいるなら、おそらく上記のようなものが手に入るので、ぜひ応援してあげて欲しいです。)

今後、もし計画どおり地元へ“出戻り状態”になったとしても、自分の中では確実にバージョンアップした中身で田舎生活を送っていけるだろうと、たまたま思い出した「漁師と億万長者の話」を読み返しながら、ぼんやりと考える1日でした。

(おわり)
ブログパーツ