iDeCo移管は1ヶ月のタイムラグによる株価・為替変動に注意

iDeCo確定拠出年金)を運用する金融機関を、長年お世話になった琉球銀行から楽天証券に変更しました。
確定拠出年金を委託する会社としは、これで3社目になります(↓)。

1)日本生命保険相互会社の時代(2000年頃~2011年12月)
 2000年頃、勤務先が企業型確定拠出年金に拠出を開始し、指定業者のニッセイ(日本生命保険相互会社)で加入。その後、所属部門がこの制度のない外資企業に売却された為、企業型の確定拠出年金は強制解約され、そのまま個人型確定拠出(現在のiDeCo)に移管されました。

2)琉球銀行(野村證券)の時代(2012年1月~2017年8月)
 口座維持手数料は当時の水準ではやや高いものの、当時、最も信託報酬率の低いファンドのラインナップを揃えていた為、ニッセイから琉球銀行に移管しました。iDeCoを取り扱う数ある金融機関の中で、まさかの地方銀行が最も信託報酬率がお得ということで、当時はセンセーショナルなトピックに。沖縄時間の為か、対応が少々のんびりしていましたが(笑)、基本いろいろな問い合わせに真摯に対応して頂き、カスタマーサービスは極めて良かったです。実務面も野村證券に運用システムを委託しており、安心感が有りました。

3)楽天証券の時代(2017年9月~)New!
 琉球銀行から楽天証券に変更したのは、言わずもがな口座維持手数料の安さです(琉球銀行が年間6,657円に対し、楽天証券2,004円)。加えて、琉球銀行に負けない信託報酬率の低いファンドをラインナップしていること。他の投資ブログが言及するように、手数料と信託報酬の観点から、現時点(2017年9月)では楽天証券とSBI証券が一歩抜きでている感じです。
(参照先リンク→「個人型確定拠出年金のまとめ 【2017年度版】」 旅するように暮らす海外生活術 より)

-----

さて、ある程度は覚悟していたのですが、金融機関移管時の一番の心配事は、①琉球銀行でのファンド売却から楽天証券での新規ファンド購入までのタイムラグによる資産増加機会の損失と、②新規資金の投入(拠出)機会の損失、の2点でした。
他の方の参考になるように、今回の移管にどの程度時間がかかったか、下記に紹介します。

まず、物理的な移管作業がどれくらいかかったか、一番わかり易い楽天証券の申込み履歴をそのまま貼り付けます。

rakutenhistory

なんと!5/10に申し込んで、最終的に資産移動が完了したのが8/17です(途中、申し込み書類の不備が1回有り)。更に、資産移動が完了してから、楽天証券で最後のファンド買い付けが完了したのが9/25、つまり全工程で4ヶ月以上もかかってます。今後iDeCoの金融機関を変更する方はこれくらいの期間を見ておきましょう。

-----

次に、実際に懸念点①と②の問題を検証してみます。

・まずは①ファンド売却から購入までのタイムラグについて。
琉球銀行でのファンド売却は所有ファンドによって多少前後しますが、8/23頃でした。一方、楽天証券での新規ファンドの購入タイミングは9/19日前後。その間27日、だいたい1ヶ月ですね。

投資方針は統一してあるものの(→参考過去エントリー「金融機関ごとに全世界ポートフォリオを組む」)それぞれの金融機関で取り扱う商品が異なるので、全世界株式を代表するETFである、ヴァンガード社VTの価格推移で損益をシミュレートしてみます。

売却時(8/23)のVT株価:$68.89 (USD/JPY=109.74)→7559.99円
購入時(9/19)のVT株価:$70.98 (USD/JPY=111.46)→7991.43円

その差△431.44円(5.7%)です。つまり株価の上昇と円安で、このタイムラグで5.7%の資産増加チャンスを逃してしまったということです。非常に残念ですが、こればかりはLuck(運)なので、致し方ないですね。
株価と為替の動きは誰にも予期できませんが、特に大きなイベントを控えている場合は、iDeCo移管タイミングに慎重になった方がよいかもしれません。

・次に②移管時期の新規投入(拠出)の機会損失について。
取引履歴から、琉球銀行での最終拠出(ファンド購入)は8/16でした。一方、移管先の楽天証券での最初の拠出は9/15。つまり、定期拠出に関しては、移管作業自体が4ヶ月かかっても、毎月いずれかの機関できっちり施行されるというこですね。この辺りは心配する必要は無かったということです。

-----

まとめると、iDeCo(個人型確定拠出年金)の金融機関の乗り換え時、新規の定時拠出については拠出機会の損失は無し。しかし、積立済みの運用資金の移管(旧機関でのファンド売却→新機関でのファンド購入)に約1ヶ月のタイムラグが発生し、この間の株価・為替変動によっては少なくない機会損失が発生する。もちろん、その間に株価が下がるか円高となれば得する訳ですが。。。

でした。今後、iDeCoの金融機関を変更する方のご参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

過去の自分に出会う旅

夏休みは会社の長期休暇制度とお盆休みを利用して、2週間の中欧旅行に行ってきました。

旅程は、ミュンヘン(ドイツ)~ザルツブルク~ウィーン(オーストリア)~プラハ(チェコ)~ミュンヘンです。出来ればブタベスト(ハンガリー)にも行きたかったのですが、移動が慌しくなるため断念。その分、各地を3~4日間程度、ゆっくりと滞在・観光できたので、とても満足度の高い旅でした。

さて、それぞれの訪問地については、また機会があれば書くとして、「過去の自分に出会う旅」という視点で今回の旅を振り返ります。

自分は今、ハイテク関連のフィールドエンジニアでご飯を食べているのですが(→過去エントリー「スキルは掛け算で積み上げる」)、(誰でもがそうであるように)高校生くらいまでは、自分の好きなこと(=絵を描くこと)を将来の職業にすることが夢でした。

残念ながら高校2年生の時、目標にしていた展覧会で入賞を逃し、(これまたスポーツや音楽・美術に打ち込む多くの学生がそうするように)その夢を早々にあきらめてしまったのですが、高校時代に一心不乱に絵(油絵・水彩などなど)を描いていたのは今でも良い思い出です。
特に自分は模写が得意だったので、美術の授業や部活(美術部)でカミーユ・コローなど中世画家の模写をよく描いていました。

ヨーロッパ旅行で有り難いのは、そうやって青春時代に熱中して描いた作品の“本物”をこの眼で見れることです。しかも非常にゆったり、そして写真も撮り放題(→過去エントリー「芸術は旅行とセットで楽しむ」)。
以前ルーブル美術館を訪れたときも、カミーユ・コローのコレクションをまとめた展示室があり、中学生のときに模写した絵に約30年ぶりに出会うことが出来、とても感動しました。

そして、今回の中欧旅行でも同じような嬉しい出会いが。。。
それがこの絵、ダヴィッド(Jacques-Louis David)の『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』です。世界史の教科書なんかで見覚えのある人も多いんじゃないでしょうかね。

david.jpg

場所はウィーンのベルヴェデーレ宮殿内美術館。この美術館は「接吻」をはじめとするクリムトのコレクションが有名で、クリムト作品を見に行ったところの、まさかのナポレオンとのEncounter(出会い)でした。
ダヴィッド自身はもちろん素晴らしい画家であるものの、作品ほどには本人は認知されていないので、余り宣伝されないのですよねぇ。

この作品、高校時代の学園祭の応援旗モチーフとして、徹夜して描いた思い出深い作品なんです(コンテストでも1位を頂きました(^^))。驚いたのは自分で描いた為か、もう30年近く前の出来事なのに、細部の表現に至るまで鮮明に覚えていること。自分が描いた記憶の中の模写と比較して、まじまじと見てしまいました。本物を見ても、我ながら良く描けていたなと(笑)。

------

さて、こんな風に、旅をしていると過去の自分に思いがけずシンクロする瞬間があります。
特にヨーロッパは言わずもがな歴史遺産が多いので、若かりし頃に、文学や歴史、音楽に熱中した人は、きっと良い出会いがあるんじゃないでしょうかね。

「過去の自分に出会う旅」、それが意図したものでもそうでなくても、人生曲がり角の30代、40代には(笑)とてもおすすめです。

皆さんも良い旅を。
Von Voyage~

モノを減らす~断捨離について考える2017年編~

かなり昔のエントリーでモノを減らすこと(断捨離)について書きました。
(過去エントリー→「モノと一緒にリスクも減らす」

また、アフロヘアーでおなじみの稲垣えみ子(元朝日新聞記者)の書籍を読んで、最近また断捨離について考えています。
彼女のように冷蔵庫まで手放すことはさすがに出来ませんが(笑)、それなりに積み重ねてきた、モノ減らしのアプローチと今の状況について、かんたんまとめてみます。


【初級編】テクノロジーとアウトソースを積極的に利用する

・紙の書籍は電子書籍に置き換える。(済)
・本は極力購入しないで図書館で借りる。(済)
・所有CDは全て電子化して破棄、新譜はiTunesで購入する。(済)
・更に、音楽の“所有”に拘りがなければ、聴き放題サービスでOK。(済)
・固定電話は契約解除、携帯の大手キャリア契約もやめてIP電話に切り替え(海外でも同じ番号使えるのでかえって便利)。(済)(関連過去エントリー→「通信費を削減する(2017年編:少しの不便を受け入れれば節約効果は大)」
・PC・カメラ類はスマートフォンとタブレットに全て集約する。(これから予定)


【中級編】趣味やお付き合いをダウンサイジングする。

・年をとって出来なくなった趣味(フリースキー、SCUBAダイビングetc)は辞めてギア類は全て処分する。(済)
・レジャーでやる場合はレンタルで済ます(多少お金はかかるが“所有のコスト”と相殺できます)。(済)
・仕事関連の不必要なお付き合い・飲み会はお断りする。(済)
・仕事関係も上昇志向をやめ、自分のやりたいことを取捨選択する。(済)(関連過去エントリー→「Positive Demotionを選択する」


【上級編】引越しで強制的にモノを減らす。

・引越しのタイミングで必要なものを棚卸し、1年以上使ってないものは全て処分する。(済)
・広い部屋から狭い部屋に引越して、大きな家具類は処分する。(済)
・最終的には1LDKの部屋で快適に過ごせる荷物にまとめる。(これから予定)
→これが最終の理想形です。思えば学生の頃とか、社会人に成り立ての頃はそれくらいの荷物だったんですよね~。膨れ上がってしまった所有物と自尊心を、当時くらいシンプルな状態に揺り戻すのが目標です(笑)。


あとは基本、『物理空間でも精神空間でも、今持っているモノを捨ててスペースを空ければ、そこに新しいモノや機会(Opportunity)が訪れる』と考えてます。

何かを得るにはまず何かを捨てないといけません。これからもどんどん捨てて、新しいOpportunityが入り込む余地を広げておきたいな~と思います。

おわり

ブログパーツ