Investiment / 投資の記事 (1/6)

レイ・ダリオのオールシーズンズ・ポートフォリオを取り入れてみる

アンソニー・ロビンズ著『世界のエリート投資家は何を考えているのか:「黄金のポートフォリオのつくり方」』を読みました。



著者自身はコーチングのカリスマであり投資家ではないのですが、輝かしいコーチングの実績で培った人脈を生かし、世界の名だたる投資家にインタビューした結果を1冊にまとめたのがこの本です。

例えばインタビューをしているのが、バークシャー・ハサウェイを率いる超大物投資家のウォーレン・バフェット、ヴァンガード社創業者のジョン・C・ボーグル、そして世界最大ヘッジファンド、ブリッジウォーター創業者のレイ・ダリオ等々。。。普通の人がまずリーチ出来ない投資家から聞いた話をまとめたというだけで、一読の価値があると思いませんか?

但し、基本的に一般アメリカ人向けに書かれた本の為、特に前半部分は「複利効果を最大限に生かす為なるべく早く投資を始める」とか、「多くのアクティブファンドは市場平均(インデックスファンド)に勝てない」など、多少投資を勉強した人なら既に押さえている内容がほとんどであることに注意が必要です(それでも、著者のいかにも米国人“ノリ”な文章はとても楽しく読めましたけど)。

そんな中、おそらく読者の関心が最も高く、且つこの本の一番の“ウリ”は、著者が“黄金のポートフォリオ”と呼んでいる、レイ・ダリオによるオールシーズンズポートフォリオです(↓)。
※実際レイ・ダリオが採用しているのは、レバレッジや先物取引も駆使した「オールウェザー戦略」と呼ばれるものですが、それを一般投資家向けに単純化したものを、本来のものと区別する為にオールシーズンズポートフォリオと呼ぶそうです。

【レイ・ダリオのオールシーズンズポートフォリオ
・株式(S&P500):30%
・中期米国債:15%
・長期米国債:40%
・金:7.5%
・商品取引:7.5%


細かい解説は実際に本書を読んで欲しいのですが、このポートフォリオのポイントは以下の2つ。

1.株式のリスクは債券の3倍以上ある為、伝統的な50:50とか、40:60といった株式:債券比率はリスクの取りすぎである。
2.リーマンショック等の暴落時には、株式も債券も同時に下がる為、これらと値動きが相関しない金や商品取引をポートフォリオに加える。

また、この戦略をとることで過去30年の平均利回りは9.7%、最大損失を出した年(2008年)の収益率もたった-3.9%(同年のS&P500が-37%)という、非常に強固な運用成績を上げているとのことです。

-----

これだけ読むと、一見夢のようなポートフォリオなのですが、そこには裏(というか日・米の環境の違い)があり、巻末で山崎元氏が解説しているように、日本人にはいくつか注意すべき点があります。
→参考リンク:山崎元「全ての環境で負けないポートフォリオを考える」 ~トウシルより

1)日本に居住している場合、債券投資は日本国債をメインに据えるべきであるが(為替リスクを回避する為)、国債の長期利回りは現状0.05%(変動10年)とアメリカの約3%と比較して非常に低い。また社会的背景を考慮すると、このギャップは当面埋まりそうにない(その分インフレ=物価上昇もないのですが)。

2)商品(=コモディティ)の比率が7.5%と比較的高いが、この部分こそヘッジファンドの腕の見せ所(レバレッジや先物取引を利用)の為、一般投資家には銘柄選定をはじめ、運用のハードルが非常に高い。

-----

よって、日本で生活する(つまり日本円で消費活動を行う)一般の日本人が、このポートフォリオの良いところを取り入れるとしたら、以下の2つに集約されると考えます。

①リスクを下げる為、債券(日本国債)比率を高める。但し国債の利回りは低いので、あまり比率を高めるとリターンが抑えられるという点は考慮したい。・・・最大40%程度

②不況時の分散を狙うため、金(実際には金ETF)への投資を行う。・・・最大10%程度

この考察に基づき、今後の自信の投資指針を次のようにしたいと思います(何事も、「新しい知見を得たら、まずはやって見る」のが大事ですからね)。

まず①について、過去にも国債購入は考えたものの、超低金利なこともありなかなか購入に至らなかったのですが(流動性資産として主に現金=定期預金を所有)、定期預金の満期に合わせて国債(変動10年)購入にシフトしていきます。
→参考過去エントリー:「生活防衛資金を円定期預金で確保する」

②については、早速来月から金ETF(IAU:iShares Gold Trust)を積み立てを開始します。

まぁ金ETFはゼロからの積み立てになるので、目標比率の10%までは長い道のりです。しばらくは、ほとんど運用成績に影響を与えないでしょう。が、数年後、あるいは数十年後に来る株価暴落局面で、多少なり資産の目減りを緩和してくればもうけもの、くらいの気持ちで積み立てていきたいと思います。

-----

さて、今回読んだ「世界のエリート投資家は何を考えているのか」は、久々に本を読んで即実行してみたいと思える良本でした。
まだ読んでない方はぜひ一読することをオススメします。

(おわり)
スポンサーサイト

サテライト投資もインデックスファンドを活用する

(特に投資初心者の方)コアサテライト戦略という言葉を知っていますか?

以下、野村證券のサイトから引用します。
-----
コアサテライト戦略]
保有する資産をコア(中核)部分とサテライト(衛星)部分に分けて考え運用すること。コア部分は長期かつ安定的に運用し、サテライト部分はコア部分よりも高いリターンを求めて積極的に運用する。コア部分とサテライト部分をバランスよく保有することで、資産全体としてのリスクやコストを抑えつつ、市場平均よりも大きいリターンの確保を目指す。
-----

また少し前の米国個別株に関するエントリーで、『一般投資家はインデックス投資をメイン(=コア)に据えて、ちょっと投資を“楽しむ”ためにサテライト投資でアメリカ個別株に小額投資するのが無難ではないか』とも書きました。
(参照過去エントリー→「私がアメリカ個別株投資に消極的な理由」

私自身、ポートフォリオは全世界株式投資をメイン(=コア)としていますが(参照過去エントリー→「金融機関ごとに全世界ポートフォリオを組む」)、実はサテライト投資にあたる投資商品を1つだけ持っています。
それがトラッカー・ファンド・オブ・ホンコン(ティッカー:2800.HK)です。

もちろん2800.HKも香港ハンセン市場をベンチマークとするインデックスファンド(ETF)なのですが、

香港市場という、世界市場全体から見れば比較的ピンポイントの市場(主に中国・香港)に投資するファンドである。
・組み込み銘柄数も48と割と少ない。
・購入した経緯からして(せっかく香港HSBCに口座を開設したので何かしら投資商品を買ってみたかったw)趣味的要素が強い。
(参照過去エントリー→「HSBC・銀聯カードを使いこなす」
・コアの世界分散投資(時価総額比率でポートフォリオを構成)の外枠で運用しており、ポートフォリオ全体に占める割合も10%程度と少ない。

といった観点から、私の中の位置づけとしてはまさにサテライト投資なのです。

-----

ところでこの2800.HK、間近1年のリターンが36.8%とVTのリターン19.4%を大きく上回っており、実にサテライト投資らしい短期での高パフォーマンスを見せてくれてます。

なんでかな~と思って少し調べてみたら、株価上昇に大きく寄与しているのはWeChatPay(中国でのスマホバーコード決済)のシェアが急拡大中のテンセント社であることが判りました。

-----
余談ですが、このまえ香港旅行のホテルでひさびさBloomburgチャンネルを見ていたのですが、中国企業の話題はほぼテンセントとアリババの2社に集約されてましたね。アメリカ企業で言えばアップルとアルファベット(グーグル)みたいなもんでしょう。
-----

ちなみに私、テンセントが香港市場に上場しているのも知りませんでした(汗)。アメリカ個別株のエントリーでも書きましたが、個別企業の成長なんて自分では全く予想出来ません!テンセントのような急成長企業がたまたま所有するファンド(2800.HK)に含まれていただけのことです。幸運に感謝ですね。

そして今回の経験から、サテライト投資もやはり個別株でなくインデックスのようなバスケットで廻すのが良いのでは?と考えています。
例えばインドやシンガポールなどの新興国インデックス、あるいはコモディティのインデックス等。。。あくまで中心(コア)は世界分散投資に軸足をおきつつ、サテライトとしてピンポイント市場のインデックスに賭ければ、投資の楽しみも享受しつつ忘れた頃に思いがけないリターンが。。。妄想ですが(笑)。

もちろんこれは勝ち残りバイアスがかかったエントリー(“たまたま”2800.HKが好調だったので記事にしている)で、将来のリターンを約束するものではありません。
しかし、私を含め個別株を見極めることが出来ない一般投資家がサテライト投資をするなら、個別株よりインデックス的商品にBetする(賭ける)方が“割”が良いのではないでしょうか。 How do you think?

まぁあくまで個人的な考えなので、みなさまもサテライト投資のコツやお勧めの方法があれば教えてもらえると嬉しいです。

というわけで、今回はサテライト投資もインデックスファンドで、というエントリーでした。
注)投資はくれぐれも自己責任でお願いします。

(おわり)

↓最近は不動産投資がメインのようですが内藤氏の初心者向け資産運用本はお勧めです。

私がアメリカ個別株投資に消極的な理由

先日、楽天証券のオンラインセミナーに初めて参加してみました。

タイトルは『2018年最初の米国株セミナー!マクロ・ミクロ両面から投資戦略を考える』で、最近twitterのトラックバックを賑わしている米国在住アナリスト、広瀬隆雄氏による講義でした。twitter上の過激な発言とは異なり、時折笑いながら(しかも笑いのツボが良く判らないw)、ゆったりと冷静に話す広瀬氏の解説はとても面白かったです。

セミナーの内容は、タイミング良く(悪く?)米国株の暴落(という表現には賛否あると思いますが)に重なったので、それに至ったマクロ的な要因の分析が前半、そして後半はミクロ的視点として米国主要銘柄の4Q決算を解説でした。

また最後のチャット質問コーナーでは、参加者より特に個別銘柄の質問が多かったように思います。
結局広瀬さんの回答は、どの銘柄も買いあるいは保持OKだったような気がしますが(笑)、総じて米国株には依然としてポジティブという見解でしたね。予想どおりになるかどうかは別にして、米国在住ならではの脱線話も聞けて(最寄のウェルズファーゴ支店が早速閉店されていて大変な思いをしたとか)は凄く面白かったです。次回があればぜひまた参加したいと思います。

----

それにしても、米国株投資が流行している(?)こともあるのか、皆さんアメリカ個別銘柄に投資してるんですねぇ。。。
しかも一般的にイメージしやすいApple(APPL)やAmazon(AMZN)だけじゃなくて、BtoB企業のApplied Materials(AMAT)やNvidia(NVDA)といった銘柄にまで。。。個人的にそれが何よりも驚きでした。

いや、単純に「その企業の製品が好き・応援したい!」とか、ある種楽しみとして小額をサテライト投資するのは判るんですよ。。。でもいろいろな方のブログを眺めるにつけ、アメリカ個別株をメインにポートフォリオを組んだりするのは、どうにも個人的に腑に落ちないのです。。。

------

そこで、私がアメリカ個別株投資に消極的な理由を考えてみたのですが、おそらく2つに集約できると思います。

1つ目は、そもそも個別企業の株式(=近い将来の業績)が上がるか下がるかなんて、例え中の人でも判らないと最近実感したためです。

自分は半導体関連の中堅会社に長く勤めていたのですが、辞める直前にかなりの勢いで自社株が上昇する局面に遭遇しました。しかし私、つまり“中の人”から見た視点では、M&Aで組織はぐちゃぐちゃ、有能な人材はどんどん辞めていき、会社の将来について全く悲観的な状況でした。そんな中、市況だけで株価が急上昇するのですから何とも言えない違和感と諦めがあったものです。

つまり、その会社の状況を良く知る“中の人”でさえ将来の企業業績なんて読めないのに、ましてや外から他人様の会社の成長を予想するなんて絶対無理!というのが、その経験からの持論です。

2つ目は、個人的に投資には“Creditibiliy(クレジティビリティ)”が非常に重要と信じているからです。
(参考過去エントリー→「国際投資の判断にはクレジティビリティが必要」

なのでアメリカ株に投資するなら、少なくても米国に住んで(もちろん国際企業が多いですがそれでも米国が主戦場なはず)、それらの企業が生み出すプロダクトがどのように社会に関わり、そしてインパクトを与えているのか、“実感として理解・体感する必要がある”、と思うのです。そこまでしても(BtoC企業ならまだしも)BtoBの企業価値なんて全く想像できなさそうです。

もちろんバランスシートや過去の業績、市況環境(マーケット)から、高確率で有望かつ割安な銘柄を見つけられる投資センスを持つ人には問題ないでしょうが、おそらく一般投資家の大半は(私と同じように)“そう思い込んでいる”だけではないかと。

このような2つの理由により、投資センスの無い私の結論は、一般投資家はインデックス投資をメインに据えて、“ちょっと投資を“楽しむために(Just for a fun)”、サテライト投資でアメリカ個別株に小額投資するのが、無難じゃないかな~と思うわけです。

-----

もちろん未来のことは誰にも判りません。誰かが選んだ個別銘柄が大化けする可能性も十分にあります(そして紙くず(データくず?)になる可能性も同じくらいある)。
まぁどんな投資戦略をとるにせよ、まずは自分が納得できる投資戦略をとって、予想された程度のリターンが頂ければ十分幸せですよね。

まだまだボラティリティの高い相場が続きそうですが、皆さんも退場しないように何とか踏ん張っていきましょう。

(おわり)

ドルコスト平均法は株価暴落時の精神安定剤

アメリカ2月雇用統計の発表後、インフレ懸念による債券価格上昇に伴って株価が暴落しています。2/2のダウ工業平均で-666ドル、今日2/5の日経平均も一時600円以上下がりました。
まぁ年初以来、世界の株価は一辺倒に上昇していたので、リーマンショック以来の暴落幅(1日あたり)とは言え、現時点では過度の株価上昇を警戒した調整の範囲内でしょう。

ところで、こういった株価暴落時の一番の処方箋・精神安定剤は、やはりドルコスト平均法による積立て投資だと個人的に思います。
ドルコスト平均法(Dollar Cost Averaging)についての詳しい解説はこちら(↓)
参考リンク:「投資初心者必見!ドルコスト平均法って万能なの?」(All Aboutマネー より)

ドルコスト平均法そのものについては、“理論上は全く優位性が無い”というのが一般的な解釈です。むしろ「持続的な経済成長に伴い、世界株価は長期的には上昇していく」という予測(期待)に沿えば、機会損失を避けるべくできるだけ早く一括投資するのが最も有利なはずです。この辺りの詳しい解説はこちら(↓)
参考リンク:「ドルコスト平均法について整理する」(山崎元 トウシル より)

がしかし!人間は全くもって感情的な動物です。株価暴落時にも悠悠と構えてられる(ドルコストで安く株を仕込むことが出来る為)という心理的なメリットだけでも、特に長期で資産形成を目指す一般投資家にとって計り知れません。

という訳で、私は「通常NISA」でなく「つみたてNISA」を選択し、さらに毎月定額投資、つまりドルコスト平均法で世界株式に積み立て投資を行っています。
(→過去エントリー)「「現行NISA」か「つみたてNISA」か、それが問題だ。」

ちなみに「どんな相場の変動にも決して動じないぞ!」という強靭な精神の持ち主には、つみたてNISAでも“理論上最も有利”と言われる年初一括投資をするオプション(テクニック)があります。これについては様々なブログで紹介されているので、参考リンクを貼っておきます(注:NISAを取り扱う金融機関によって設定方法が異なります)。
参照リンク:「【問い合わせ回答】積立NISAで一括投資という裏ワザ」(つみたて次郎の貧乏投資日記 より)

-----

いずれにせよ、株式は幾多の上昇・下落局面を経て長期的には緩やかに上がっていく、と私は考えているので(※世界分散投資の場合。日本のように局所的な市場では数十年の横ばいや下落も有り得る。)、間近のような株価の上昇・下落に一喜一憂せず、たんたんとしかし確実に投資資産を積み上げていこうと思います。

最後に、ドルコスト平均法の肯定派・否定派それぞれの著作を紹介します。どちらが正しいかはさておき(いずれも正しい、あるいは環境によって異なる、が正解かも)、両著作とも非常にためになる投資本なのでおすすめです。

(おわり)

ドルコスト平均法肯定派の水瀬ケンイチ氏の著作(↓)


ドルコスト平均法否定派の山崎元氏の著作(↓)

100年経っても資産形成のエセンスは変わらない(本多静六『私の財産告白』を読んで)

ここ数日、良くも悪くも仮想通貨に注目が集まってますが、私にとってはまるで近未来の話のようで、全く現実感がありません。
そんな中、投資関連のブログで古典的名著としてよく紹介される、『私の財産告白』(本多静六著)を最近読みました(↓)。



初版は何と昭和26年。執筆時に著者はすでに85歳で、内容は20代からの回顧録ですから、ストーリーそのものはだいたい1890~1900年代のお話です。つまりおおよそ120年(!)前の話になる訳ですよ。

当時の作品がこうやって今も文庫として読める(=時代を超えて需要がある)のも驚きですが、更に100年以上前に書かれた主張や考察が今現在でも全くとして色褪せない、という点に驚愕です。

つまり、(あとがきにも書いてありますが)本書の内容は極めて一般化されたお金の指南書として、いつの時代も有効なわけです。古典って単純に凄い、素晴らしいです。

----

その“極めて一般化されたお金の指南”の具体例として、本書に書かれた内容を近年出版された投資本と比べてみます。

例えば、「本多式四分の一貯金法」として、通常収入X1/4+臨時収入X10/10を天引き預金して貯蓄(=投資の原資)に廻すといった天引き預金による手法は、竹川美奈子氏の「たりないお金」を初め、多くの初心者向けの節約本・投資本に必ず紹介されています(↓)。



また、そうやって貯めた貯蓄を“雪だるまの芯”として、投資に廻し時節を待つ。などはまさに複利の重要性を説いており、言葉そのままにウォーレン・バフェットの著書「スノーボール」や、複利の重要性を説いた数多くの投資本に共通します(↓)。



さらに、”ことさら日本人はお金(特に不労所得)の話をすれば“けしからん”と非難され、一方でお金が大好きだったり他人の懐具合が気になって仕方ない”、などという指摘には、あぁ、100年経っても日本人のお金に対する習性は変わらないんだなぁ、という深い感慨を持ちました。この辺りは橘玲氏の著作にも良く出てきますね(↓)。



そして極め付きはこちら。
「好景気時代には倹約貯蓄を、不景気時代には思い切った投資を、時期を逸せず巧みに繰り返す。」
まさに金言。私自身はこのようにタイミング投資を行う才能や自信も無いので、一般人にも有効なドルコスト投資法(それ自体、理論上は気休めにしかならないという指摘もありますが)を使っていますが、この金言はインデックス投資家にとって、好況時も不況時も一喜一憂せずにコツコツ投資を継続する、と読み替えることができます(↓)。



-----

このように現代の投資本・節約本で紹介されている手法や心構えのほどんどが、何と100年以上も前に本多静六氏という“日本人の学者”によって体系化されていたという何とも衝撃の事実。

もちろんテクニカルな面で様々なアップデートは必要ですが、資産形成のエセンスとうものは、あんがい(というか全く)変わらないんだなぁと認識する、とっても有意義な読書でした。

厚い本ではないので、皆さんも機会があればぜひ読んでみて下さい。

(おわり)
ブログパーツ