Travel and Hobby / 旅と趣味の記事 (1/7)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ旅行Tips:日本からNBA、MLB等のモバイルエントリー(eチケット)を利用する方法

だいぶ前になりますが、2月(2017年)のアメリカ・ダラス旅行で、NBA観戦(Dallas Mavericks vs. Philadelphia 76ers)を楽しんできました。今回はそのときのチケット購入に関するTipsです。

NBAやMLB等、アメリカのスポーツやコンサートのチケットは、(リセール等を除き)Ticketmaster社のサイト(チケットマスター:www.ticketmaster.com)で購入することになりますが、アメリカ国外から購入するにはちょっとハードルが上がります。
※もちろんチケット代行業者等を使えば簡単に購入出来ますが、こういった代理店サービスは常に高価なので却下。

まず、オンラインでのチケット購入には国際ブランド(VISAやMaster等)のクレジットカードが必要ですが、これについてはほとんどの人は問題ないでしょう。
問題は、購入したチケットの“受け取り方法”についてです。

以前は(あるいはイベントによっては今でも)「Print at Home」というオプションが選べたので、アメリカ国外でも自宅でバーコード付きのチケットを印刷すれば、そのプリントチケットで問題なく入場出来ました。

ところが最近(2017年2月時点)、NBAのチケット受け取り方法は「Mobile Entry」、つまりスマートフォンでのe-Ticket提示に一本化されていました。ところが、この「Mobile Entry」、米国外からはIPアドレスがブロックされる為に、インターネット経由で受け取ることが出来ません。更に、「このチケットはプリントアウト出来ません」とのお達しも書いてあり、かなり焦りました。

さすがアメリカ、イノベーション先進国家といいますか、デジタルデバイド先進国家といいますか(笑)、先端テクノロジー(=よりよいと思われるもの)の導入には全く躊躇が無いです!
※基本ついていけない人は置いてけぼりです。もちろん、それなりにセーフティネットは用意されてますが(例えば↓の3.の方法)。

こういう思い切った“切捨て”文化はとてもアメリカらしく、躊躇せずにガンガン世の中を進歩させていきます。これがアメリカのいいところでもあり悪いところでも有り、日本とはなんとも対照的です。。。以前のエントリーも参照下さい(↓)。
(関連過去エントリー「日本人はテクノロジーに対して意外に保守的」

-----

さて本題のチケット受け取りTipsですが、いろいろ調べたりトライした結果、アメリカ国外でも以下の方法でTicketMaster発行のチケットが受け取れると思います。

1.米国IPアドレスのVPNが使える場合
あなたが幸いにも、アメリカ国内にIPアドレスをもつVPN(Vertual Private Network)を使えるなら、そのVPN回線を使って「Mobile Entry」のチケットを受け取ることが出来ます。私もこの方法でe-Ticket(iPhoneのPassbook)をダウンロード出来ました。
注意点としては、VPNを使ってもTicket MasterのApp(アプリ)経由では、何故かIPブロックがかかってチケットをダウンロード出来ませんでした。VPNを使い、かつSafari等の“ブラウザ”経由(チケット購入メールのリンクから跳べるはずです)で、ダウンロードを行ってください。

詳細は↓のTicket MasterのFAQサイトを参照下さい。これを見るとアメリカ国外でもブラウザを使えば、チケットをダウンロード出来ると書いてあるのですが。。。当時台湾にいた私は出来ませんでした(日本では未確認)。IPの環境にもよると思います。

「How do I use mobile entry?(英語)」


尚、世の中には無料のVPNサービスもありますし(ほとんどが英語サイトですが)、有料の国内サービス(セカイVPN等)もありますので(あえてリンクは貼りません。ご自分で調べてみて下さい)、ご参考まで。

2.米国VPNが使えない場合
チケットダウンロードの為にわざわざVPN回線なんて。。。という人へのお勧めの方法です。
旅行者の場合、たいていはゲームの観戦日よりも前に現地(アメリカ)入りしますよね。

そして、空港やホテルには当然のようにFreeWifiが飛んでますから、現地に到着後、スマホでこれらのFreeWifiに繋いでから(もちろんIPブロックはありません)、ブラウザ経由なりチケットマスターのApp(アプリ)経由で、問題なくe-チケットがダウンロードできるでしょう。

この方法の欠点は、現地に到着するまで、本当にチケットがダウンロードできるか、そわそわと心配しないといけない(笑)ことです。
心配ならばあらかじめアプリだけでもダウンロードしておくと良いでしょう。また最悪の事態を考えて、3.Will Callで受け取る方法も想定しておきましょう。

3.Will Call(窓口での受け取り)

おそらくこれが、Mobile Entryを使えない米国人や海外観光客のセーフティネットです。「Will Call」とは、実際に会場のBox Office(チケット売り場)でペーパーチケットを受け取る方法です。Box Officeで、予約証明(Confirmation Codeが書かれたメール等)と購入時のクレジットカード、身分証明書(日本人ならパスポート)を提示すれば、問題なく受け取れるでしょう。

ただし、ただでさえ土地勘の無い、英語にも不慣れな日本人には、実はWill Callもハードルが高いのも事実。事前に予約メールをプリントアウトしたり、BoxOfficeの場所や営業時間を調べておいたり、くれぐれも準備を万全にしておきましょう。

以上、イベントや個人の環境によってケースバイケースと思われますが、少しでもアメリカでのスポーツ・コンサート観戦に役立てば幸いです。

スポンサーサイト

アメリカ旅行者のための最新ツーリストSIM事情(2017年版)

少し前になりますが、台湾の旧正月休みにアメリカ旅行に行ってきました。

目的は、以前住んでいたテキサス州・ダラスをひさびさ訪れてみたかったのと、周辺での買い物三昧ツアーです。台湾では全く物欲が刺激されないので。。。(笑)

ところで、古い記事のわりに比較的アクセスがあるエントリーに、
「米国で現地SIMカードを利用する(予定だったが出来なかった話)」
があるのですが、アメリカは旅行者に対するツーリストSIMが全く充実していないので、たぶんみなさんネットで調べた結果、この記事にたどり着くのだと思います。

そこで今回、ひさびさにアメリカ旅行のツーリストSIM情報がアップデート出来たので、紹介したいと思います。

-----

まず事前に調べた結果、主要空港でSIM自販機を見かけたという情報もちらほらありましたが、どうやら2年近く経っても現地旅行者向けのSIM販売はほとんど充実してないようです(汗)。
よって結局、前回と同じくZIP SIM(※Ready SIMから名前が変わりましたが中身は同じ)をAmazonで購入して持込みました。
ZIP SIMは1)7日間・500Mと2)14日間・1GBの組み合わせがありますが、データ量が500Mでは若干心もとないので2)14日間・1GB版をチョイス。



ところで前回は、あまりに田舎への出張の為か電波が全く繋がりませんでしたが、今回は基本ダラスやフォートワース都市部近郊の滞在だったので、ほぼ問題なくネット(4Gときどき3G)・電話が繋がりました。
ZIP SIMは、ネットワーク網としてT-Mobileを使っているので、大手のVerizonやAT&Tに比べ、若干受信エリアに不安はありますが、通常のアメリカ都市部への旅行で使う分には全く問題ないでしょう。普通にお勧めします。

-----

また、他の選択肢としては、Amazonでこんなのも見つけました(↓)。



以前、ロンドンで使った3(スリー)社のツーリストSIMですね。
(関連過去エントリー→「僕たちは全く新しい旅の方法を手に入れた」
このSIMが優れている点は、アメリカを含む42カ国で使えることと、3GB・90日間と使用期間が長いことです。
欠点はデータ通信・しかも3Gのみという点でしょうか。通信速度を求めなければ、価格的にも十分おすすめできそうです。

-----

他にも、現地携帯ショップでプリペイドプランを契約するとか、いろんな手段はありますが、英語が出来ないとハードルは高いので、現実的にお勧め出来るのは上のどちからのSIMを事前にAmazonで購入して持込むことです。

東南アジア旅行では、空港でのSIM購入に全く困ることは無いのですが、この点、アメリカはまだまだ不親切です。
数年後にはもっと気軽に、現地でツーリストSIMが調達出来るようになって欲しいですね。

これからアメリカに旅行する人に少しでもお役にたてば幸いです。

(おわり)

世界には中心がたくさんある

2016年最後のエントリーです。

昨年から今年にかけて仕事でいろいろ葛藤があり、最終的にここ台湾で、アプリケーションエンジニアとしての最終形ををPursue(追い求める)ことにしました。
(関連過去エントリー→「スキルは掛け算で積み上げる」「Positive Demotionを選択する」

そしてこの年末で、台湾に来て早10ヶ月になりました。家族を含め、カルチャーや言語の違いに戸惑うことも多かったですが、QOL(Quality of Life)重視の自分には、やはり日本以外で働くのが向いているかな~と感じます。
もちろん数年後には日本に戻ると思いますが、今はなるべく長くいれるといいな、とも思ってます。

-----

ところで外国生活は2カ国目になりますが、ある程度住んで、その国の国民性や思考や嗜好が判ってくるにつけ、あらためて感じることがあります。それは、

「その国に住む人達にとって、そこが世界の中心である」ということです。

例えば日本に住んでいる限り、そこを世界の中心として、日本というフィルターを通して、他の国を見ています。
そのフィルターはマインドセットとも言えるかもしれませんね(→関連過去エントリー「強烈な比較体験だけがマインドセットを壊す(年金・医療費の制度変更を考える)」)。
歴史から脈々と引き継がれた、日本という国家観、宗教観、カルチャーの下で、日本人としての世界を生きている訳です。

アメリカ人なんてもっとわかり易く、「アメリカ=世界」ですからね。一生をアメリカから出ずに終える人がたくさんいます。
彼らにとって、アメリカ人の価値観=世界の価値観(大きな勘違い)なので、外国に興味をもったり、住んだりすることは考えない訳です(そうでない人もいますがマジョリティはそう)。

ここ台湾でも、最初は中国人のステレオタイプなパーソナリティを当てはめてみたり、(日本が大好きなんで)日本フォロワー的な色メガネで、台湾人を見てみたりしたのですが、彼らも「政治的に不安定だが、テクノロジーの先進性に恵まれた台湾」という立ち位置を彼らなりに消化して、中国人とも日本人とも違う、「台湾人」という自分達の世界観を生きているんですよね。

たった3カ国に住んだだけで、それぞれ全く異なった世界観を(それが表面上だけでも)感じるのですから、この地球には本当に沢山の“世界の中心”が存在しているのだなぁと。
ムスリムの世界観も、思想として理解は出来なくとも、そういう世界が存在する、という事実はなんとなく受け容れられるようになりました。

-----

さて、来年は40代も後半戦に突入します。
こんな生活を続けていると、周囲にはいつまでもフワフワしてるなと怒られそうですが、幾つになっても好奇心だけは捨てず、トライandエラーを重ねていきたいです。
そして自分のライフワークとして、これからも出来るだけ多くの“世界の中心”を垣間見たいて思ってます。

2017年もこのブログにお付き合いいただければ幸いです。

高級ホテルステイを楽しむならカジノリゾートが断然お得

台湾の国慶節(建国記念日)の3連休はマカオ(中華人民共和国マカオ特別行政区・旧ポルトガル領)に行ってきました。

旅行先にマカオを選んだ理由はこれといってないのですが、行ったことが無い場所で、かつ台北から直行便があり、3日程度でも十分楽しめそうだと思ったからです。

宿泊先はコタイ側(マカオには北側半島部と南島があるのですが、南島の比較的新しいリゾートエリア)のコンラッド(CONRAD MACAO)です(→ウェブサイトはこちら

ところでこのコンラッド、ヒルトンホテルグループの最高級ブランドのホテルですが、宿泊料は幾らだった思いますか?
日本のコンラッドだと、おそらく1泊1人軽く5~6万円以上はすると思います。

ですがコンラッドマカオの宿泊料は、ビュッフェ朝食付き、2名・2泊で約47,000円、1泊1人あたり11,750円でした。
(もちろん日付・部屋のグレードで変動します。それと1名あたりの宿泊料を請求するのは日本くらいなもので、通常は1部屋幾らですが。。。それでも1泊2万円そこそこでコンラッドですから安いです。)

この価格の理由は、間違いなくマカオというカジノリゾート地にあるから。
つまり、ホテルの宿泊客には併設するカジノでたくさんお金を落としてもらう為、宿泊料はわざと安く設定されているのですよ。

米・ラスベガスでも同じ理由から、高級ホテルでも宿泊料は驚くほど安いです。
かっての同僚など、ラスベガス旅行で1回数10万もカジノに使ったものですから、その後、宿泊料無料のDMが毎週のように来ていました(笑)。ホテル側から見れば、そういったカジノで宿泊料の何倍の金額を落とす顧客に泊まって欲しいわけです。

一方、宿泊者サイドから見れば、ギャンブルさえしなければ、余計なお金を落とさずに高級ホテルに安価で泊まれるのですから、こんなにお得な話はありません。
実際、コンラッドマカオの施設・サービスは素晴らしく、滞在中は非常に快適に過ごせました。ホテルステイだけでも2泊ではまだまだもの足りない感じでした(プールもジムも行かず。次回はぜひ利用したい)。

結局、サービスを提供する側から見れば、トータルでどれだけの売上げを上げるか(カジノリゾートならカジノで沢山お金と使う顧客を増やす戦略)が重要ですが、サービスを利用する側としては、数あるプライスポートフォリオ(組み合わせ)の中で、最も安い価格で同じサービスを受けるのがお得な訳です。

これは飛行機のチケット価格の例が一番わかり易く、最初から予定が決まっていて早割りで安価にチケットを手にいれたお客さんと、様々な事情で当日に正規価格で購入せざるを得なかったお客さんが、同じ便の同じシートエリアに混在しているのです。

いずれの例も、賢い消費者がどういう行動様式を取れば良いかは明白ですよね。

という訳でまとめると、「カジノリゾートでは併設のカジノに行かずに高級ホテルステイを楽しむ」のが個人的正解です。
但し、ギャンブル依存症の方はくれぐれも誘惑に負けないよう、注意して下さいませ。

(おわり)

世界一のHygiene国家はどうやって生まれたか

Hygiene(ハイジーン)という英単語を知ってますか?

Weblioのオンライン辞書でレベル:8(大学以上、TOEIC860点以上の水準)なので、かなり難しい単語です。私も、つい4、5年前まで知らない単語でした。直訳すると「衛生」、わかりやすく言えば「清潔さ」といったところです。

先日、日本が初めてというデンマーク人と出張で一緒になったのですが、日本で一番驚いたのが、このHygiene、つまり衛生度の高さでした。具体的に言うと、

・レストランや売店で売られている食品が、凄く新鮮で清潔。
・日本のどこに行っても生もの(寿司)が安心して食べれる。
・トイレが何処にいっても綺麗、よく清掃が行き届いている。
・街にゴミや煙草の吸殻が全く落ちていない、沿道の植木が綺麗に整備されている。

などなど。
日本人にとっては実に当たり前のレベルなのですが、外国人にとってはOutstanding(飛びぬけて)清潔度が高い、という感想だったようです。

実際、日本のHygieneレベルが高いことは、実は国内に住んでいるとそれほど意識しませんが、外国に住んだり旅行に行ったりすると、かなりの差を痛感します。
外国に行けばたいていお腹を壊す、自分のやわな体が間接的に証明しています(笑)。
台湾は見た目よりも清潔度は高いと言われていますが(実際この6ヶ月間、お腹を壊したことが無い)、東南アジアや中南米あたりは全く駄目ですね。気をつけていても毎回やられます。

アメリカもレストランの清潔度レベルの差が激しいので、時々お腹をやられました。個人的にかなりHygeneレベルの高い国だと思うのですが、私の印象では、サニタライザーや薬品で無理やり除菌してしまう感じで、生来から清潔度の高い日本とはちょっと違う感じです。

-----

いろんな国に住んだり旅行してみて、このHygieneレベルの高さって、ハードの違いじゃなくて、ソフトの違いだよなぁ、ってつくづく思います。

例えば数年前に、オープンしたてのマレーシア・クアラルンプールのターミナル(KLIA2)を訪れたことがありました。強烈に印象に残っているのは、建物・施設(ハード)は新築なので凄く綺麗なハズなのですが、真っ白な新品の壁はもうあちこち汚れているし、トイレも既に汚くって、便器がいくつか壊れていたりします。日本や先進国だとまずありえません。

なのでHygieneレベルの高さって、いかにモノを丁寧に扱うか、そして綺麗に維持・補修していくかという、むしろ使う人の意識の問題なのです。

じゃあ、この清潔度意識の高さって、いったいどうやって生まれたの?というのが冒頭のデンマーク人の質問なのですが。。。
私にもわかりません(笑)。きっと長い間、日本人の国民性として脈々として受け継がれて来たとしか、言いようがないのです。

まぁ、その起源はわからないとは言え(誰か教えてください)、日本の清潔度レベルは明らかに世界一で、日本が(ほぼ)単一民族国家を続ける限り、今後何百年と脈々とと引き継がれていくことは間違いないでしょう。

経済成長から見れば、日本がすでに斜陽国家であることはだれもが認めるところですが、先のRioオリンピック閉会式で世界を感嘆させたソフトパワー(クリエイティビティ)と並び(→参考リンク:「安倍マリオが拓いた新境地」by世界級ライフスタイルのつくり方)、これからもきっと世界中を引き付ける魅力のひとつで有り続けるでしょう。

おわり
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。