F1は海外で観戦する(F1シンガポールグランプリ雑感)

20年以上前、大学である物理系講師の授業を受けました。
その先生は天才肌で、授業は難しくてさっぱりだったのですが、ときどき話す、海外留学時の雑談が面白かったことは強く印象に残っています。

特に良く覚えていたのが、『F1は海外で見るに限る』という話で、研究留学中に友人が取ってくれたチケットで、ドイツのホッケンハイムへF1観戦に行った話をしてくれました。雰囲気がとにかく最高、というような話だったと記憶しています。サーキットの名前まで覚えていたので、よっぽど印象に残ってたんでしょうね~。

その後、ふとしたきっかけで知ったのですが、その将来を嘱望された大学講師(研究者)は、1998年に38歳の若さで無くなったそうです。
てっきり今も、第一線の研究者として活躍していると思っていただけに、非常にショックでした。運命とは残酷です。

-----

さて、そんな印象的なこともあり、それから20年以上、(特にコアなレースファンでも無いので)まぁF1を観にいくなら一生に1回、その講師が言ったように、出来ればグランプリらしく海外でF1観戦を、と考えていました。

そしてそんな「ちょっとした夢」がかなったのが、今年のシンガポールGP観戦でした。
(→関連過去エントリー「シンガ旅行の3種の神器はプリペイドSIMとEZ・Linkカード、そして神アプリのSingapore Maps」

観戦してあらためて思ったのですが、ここ最近加わったシンガポールのGPですが、結論として、自分のようなライトファンに非常にお勧め出来るグランプリです。何故なら、、、

・コースは市街地、しかもシンガポール観光の中心であるマリーナベイなので、ホテルや観光地からのアクセスが非常に良い。
・レース前は観光や買い物を楽しみ、アフターレースはビッグネームのコンサート等、レース以外のイベントが盛りだくさん。
ちなみに今年(2015年)のメインアクトはファレル・ウィリアムズ(金)、マルーン5(土)、ボン・ジョヴィ(日)!
・ナイトレースなので、お酒を飲みながら、皆でワイワイと楽しめる『大人のF1』という雰囲気が良い。

等々。

加えて、シンガポールという場所柄、世界中(欧州・アメリカ・アジア)からF1観戦にやってくるので、チームも観客も、文字通りインターナショナルなGPです。
年齢も子どもから、かなり年配の方まで(ヨーロッパ人に多いかな)いましたよ~。老若男女、ライトファンからコアなレースファンまで、とにかく万人が楽しめるF1観戦となっております(ちょっと宣伝しすぎ?)。

マイナス面として、円安の昨今、チケットは少々値が張るのは事実。。。
それでもコンサート込みの値段と思えばリーズナブルですし、フライトはLCCで行けば安いです(→参考過去エントリー「航空キャリアは使い分ける」)、とにかくホテル代がネックなシンガポールも、まあ施設面に拘らなければ、きっと価格に見合ったホテルが見つかるでしょう。

という訳で、海外でF1観戦を考えている方は、ぜひぜひF1シンガポールGPを体験してみて下さい。何しろ国をあげての一大イベントですので、とても力が入っていますよ~。
私自身、一生に一度と書きましたが、チャンスがあればぜひもう1度行きたいイベントの1つです!


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ