SIMフリーiPhoneで海外転勤は100倍楽になった

海外旅行でのSIMフリー携帯(iPhone)とツーリストSIMのメリットについては、これまでも何回か書きました(↓過去エントリー参照)。

------
「シンガ旅行の3種の神器はプリペイドSIMとEZ・Linkカード、そして神アプリのSingapore Maps」
「僕たちは全く新しい旅の方法を手に入れた」
「米国で現地SIMカードを利用する(予定だったが出来なかった話)」(これは失敗談ですが)
------

ところで「SIMフリー携帯+ツーリストSIM」の組み合わせは、短期の海外旅行だけでなく、海外転勤や留学でも大きな効力を発揮します。なぜなら、多くの国では「手続き上の理由で到着後すぐに携帯の契約が出来ないことが多い」からです。

例えばアメリカの場合、個人で携帯を契約するにはおそらくSSN(Social Security Number:社会保障番号)が必要となるでしょう。また、支払いにはチェックが使える(小切手が切れる)銀行口座が必要で、この開設にもSSNが必要なケースが多いです。

そしてSSNの発行にはアメリカに滞在出来る有効なビザが必要なので、順番としてはビザ→SSN→(銀行口座※SSNが無くても口座開設出来る場合もあり)→携帯電話の契約、と芋づる式に手続きが必要となり、全ての手続き・契約が完了するまで早くて1ヶ月、長い場合は2ヶ月程度かかる場合もあります。

ここ台湾でも同様で、携帯の契約にはARC(Alien Resident Certificate:外国人居留症)が必要で、そのARC取得には有効なビザが必要です(ARC=持ち歩けるビザのようなもの)。よってこちらも順番は、ビザ→ARC→携帯の契約という順番になります。
※台湾の場合、電話料金の支払いはコンビニで出来るので、銀行口座は必ずしも必要ではない。

で、これまた入国から携帯電話の契約が完了できるまで、やっぱり3週間から1ヶ月程度かかります。

-----

そこで、海外転勤や留学等で、現地に到着した瞬間から携帯契約完了するまでに大きな力を発揮するのが、「SIMフリー携帯+ツーリストSIM」です。
特に最初は手続きものが多く、土地勘もない為、常に3G/4G回線でデータ通信が使える利便性は計り知れません。海外は日本に比べればWifi環境が充実していますが、それでも常時データ通信接続出来る便利さは圧倒的です。

ちなみに僕らが今回購入したのは、台湾最大手の中華通信のツーリストSIM、最長30日のプランで、1000台湾ドル(約3300円)でした。
この価格で、430台湾ドル分の無料通話と無制限(!)の3G/4Gデータ通信が付属しています(旅行者への優遇策ですね)。
尚、販売は桃園空港や松山空港等の国際空港のみ、また購入にはパスポートが必要になるのでご注意を。

また、具体的にどんな点が便利だったかというと、

・通勤・移動手段の確保(アプリでバスの現在位置や時間が判ります)
・Lineで不動産業者や大家さんとのやりとり(最初は特に手続きや設備不具合等のやりとりが多いです)
・アプリでタクシーの呼び出しが可能(中国語に不慣れなので、これは非常に助かります)
・引越し荷物が到着するまで毎日外食なので、近くの評判の良いレストランの検索
・生活立ち上げに必要な買い物場所のチェック
等々。

もうほんと、スマホ無しではこんなにスムーズな生活立ち上げは不可能だったと実感しています。

-----

大げさでなく、テクノロジーの進歩、特にスマートフォンと高速データ通信の普及で、10年前の海外引越し・海外移住からは100倍くらい楽になっていると思います。

もし、海外留学や転勤の予定がある方は、現地に到着後すぐの通信手段として、SIMフリー携帯とツーリストSIMの準備をお忘れなく。本当に便利で、生活立ち上げが100倍楽になりますよ。

※そうは言っても、言葉や文化の違い等、海外生活の根本的な大変さが解消する訳ではないので、その辺りはご注意下さい(笑)。今後はそういった台湾生活の驚きや大変さもエントリーにしていきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ