スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風で休みの日は自分のキャリアについて考よう

台風17号・梅姫(メーギー)の直撃により、今日、台湾全土の会社・学校は休みになりました。

台湾の場合、台風が上陸しそうな場合、進路によって政府がエリア毎に休暇を決めます。皆、インターネットやTVで政府広報を見て、会社や学校に行けるかどうかを判断する訳です。とても効率的ですね。

ちなみに台風休暇についての政府の連絡ページはこちら(↓)。停止・上班(出勤)、停止・上課(出席)となると、会社・学校はお休みです。公共の交通機関もほとんど全て停止です。
<行政院人事行政總處の天然災害停止上班及上課情形ページ>

-----

さてそんな台風の一日、外にも出れず家に引きこもっているしかないので、(最近見たYouTubeより)パフォーマー・蛯名健一さんの情熱大陸(2014年1月12日放送)が、自分のキャリアを考える上でとても示唆に富んでいたので、ここで紹介します。



彼が優勝したAmerica's Got Talent(シーズン8)はリアルタイムで見ており、かなり興奮しながら応援していたのをよく覚えています。
が、情熱大陸に出ていたのは知らなかったので、その後の生活や人となりを知ることが出来、とても興味深いです。

インタビューを聞く限り、ダンサーとしての実力もさることながら、非常に頭が良く、戦略的な方ですね。
番組の中で、私が特に共感したのは以下の3つ。

「ひとつひとつ(の要素)がそこそこのクオリティーでも、(のり弁のように)組み合わせればとても美味しくなる。」


→誰もが皆、1つの分野で飛び抜けた能力を身に着けたいと願いますが、99.9%の人には不可能です。であれば、自分が他人より少しだけ得意なことことを、2つ・あるいは3つ組み合わせれば、自分のキャリアにとって大きな武器・強みになります。
(→関連過去エントリー「スキルは掛け算で積み上げる」

「こんなちんちくりんのアジア人を誰が雇うんだ」「自分のオリジナリティや表現力が判れば結構いける」

→まずは客観的に自己分析を行い、自分のオリジナリティを磨くことが大事です。特にアメリカでは、アジア人をはじめ有色人種は最初からハンデがあるので(アメリカ中西部に住んだ経験より)、自己をよく分析して、得意な分野に磨きをかける・差別化することが非常に重要です。

「エンターテイメントの本場(アメリカ)でやる方が簡単」

→スキルがあっても、それを必要とするマーケットが無いと活躍出来ません。ダンサーならNYやラスベガスで、プログラマーならサンフランシスコやサンノゼ(シリコンバレー)で、活躍の場を見つけるのが、最も効率的で成功する確率が高いと思われます。
そういった場所では、仮に飛び抜けた能力が無くても、平均的な能力があれば活躍の機会は多いでしょう。また、機会を得ることで、更に能力を伸ばすことも可能です。
(→マーケットを選ぶことについての関連過去エントリー「人材のブルーオーシャン戦略で仕事を選ぶ」

-----

以上、とっても共感できるビデオでしたが、極めつけは何といっても最後の一言。

「好きなことでメシが食えるってことは幸せですね。ストレス無しライフ!」

実際には、スタッフが思い通りに動いてくれなかったり、契約のトラブルだったり、大小のストレスはきっと沢山あると思うのですよ。
でも、自分の仕事について、こうやって言い切れるって本当に理想的ですね。

彼のような心境に少しでも近づけるように、自分ももう少しだけ、頑張りたいと思います。

(↓原題)「雨の降る日曜は幸福について考えよう」

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。