スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老後資金の準備は積立NISA+iDeCoで十分じゃない?

NISA(Nippon Individual Saving Account)の新しい枠組み、積み立てNISAの概要が決まったようです。いろいろ揉めたようですが、最終的に『年間投資上限40万円、非課税期間20年』で決着したようですね。
(参考リンク→「積立NISA、20年で決着=非課税期間―政府・与党」

コレ、良いと思います。少なくても現行NISA『年間投資上限120万円、非課税期間5年(ロールオーバー可能)』よりはだいぶマシかと。非課税期間が5年程度だと、その時の景気や経済動向にかなり左右されますからね。
本来の意味である、“長期投資による個人の資産形成”に適した制度になるのではと期待します。

NISAについての関連過去エントリーはこちら(↓)>
-----
「海外転出時のNISA、確定拠出年金の継続条件を整理する」
「NISA口座を家族で活用する」
「NISA口座を活用する」
-----

ところで少し前は、個人型確定拠出年金(最近はiDeCo=Individual Defined Contributionと呼ばれる)の制度拡充が話題となりました。これまでこの制度に加入出来なかった、大企業に勤める会社員や専業主婦も、来年から加入出来るようになります。
(参考リンク→「確定拠出年金とは(楽天証券)」)

積み立てNISAにしろ、iDeCoの拡充にしろ、いずれも「もう日本の公的年金制度は持ちませんよ。老後の資産形成は個人でしっかりやって下さいね。」という政府のメッセージですから、気を引き締めて、まじめに資産形成を行わないといけません。

ま、そういう後ろ向きな背景はあるにせよ、両方とも十分魅力的(=お得)な制度ので、使わないのは非常にもったいないです。(橘玲氏の提唱する)黄金の羽根とまで行かなくても、十分に青銅(ブロンズ)の羽根と言えるでしょう。
(過去エントリー→「青銅(ブロンズ)の羽根を拾い集めてみる」

iDeCo確定拠出年金)についての関連過去エントリーはこちら(↓)>
-----
「確定拠出年金ポートフォリオもVTライクにする」
「401kの拠出枠を最大限に利用する」
「NISAの前に確定拠出年金を利用する」
-----

ところで、この積み立てNISAとiDeCoが2つ揃ったところで、ふつうの人の老後資金の準備は積立NISA+iDeCoで十分じゃない?と思います。

具体的には、積み立てNISAで40万円、iDeCoで27万6千円(企業年金に加入していない会社員)、合わせて年間67万6千円が、優遇税制を受けながら運用出来ることになります。

年間67万6千円ということは、1月あたりの拠出は56,333円ですから、普通のサラリーマンならこれくらいが限界でしょう。特にiDeCoの方は原則60歳まで引き出せませんからね。

もっと言うと、この67万6千円という額は、長期運用資金としても絶妙だと思うのです。以下にシミュレーションします。
例えば40歳から60歳までの20年間、毎年67万6千円を積み立てつつ、年率4%で運用出来たとします。すると、簡単な複利計算から、60歳の時点で資産は2095万になります。

2095万円あれば、退職金の代わりとしても十分ですし(終身雇用が崩れつつある中、ほとんどの人が以前のような高額な退職金は貰えません)、公的年金支給開始までの10年間(70歳~支給開始)、節約すれば15年間(75歳~支給開始)くらい、生活資金をまかなえるんじゃないでしょうか。

もちろん30歳くらいから両制度を使い始めたり、また夫婦で利用すれば、優遇税制を受けつつ更に資金を積み上げることも可能です。この場合、公的年金制度が破綻しても何とかやっていけるか。。。金融庁が本気で考えてそうで怖いです(汗)。

いずれにしても、世の中に“確実に儲かる話は無い”と言われるなか、iDeCo利用による所得税・住民税の控除は(制度を利用しない場合と比べて)“ほぼ確実にお得”ですから、制度を利用しない手はありません。

特に若い世代に、このような公的な優遇制度を上手に利用することを強く勧めます。
(おわり)

↓日本経済新聞の解説委員として評判の高い田村正之さんのiDeCo本です。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。