スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ旅行Tips:日本からNBA、MLB等のモバイルエントリー(eチケット)を利用する方法

だいぶ前になりますが、2月(2017年)のアメリカ・ダラス旅行で、NBA観戦(Dallas Mavericks vs. Philadelphia 76ers)を楽しんできました。今回はそのときのチケット購入に関するTipsです。

NBAやMLB等、アメリカのスポーツやコンサートのチケットは、(リセール等を除き)Ticketmaster社のサイト(チケットマスター:www.ticketmaster.com)で購入することになりますが、アメリカ国外から購入するにはちょっとハードルが上がります。
※もちろんチケット代行業者等を使えば簡単に購入出来ますが、こういった代理店サービスは常に高価なので却下。

まず、オンラインでのチケット購入には国際ブランド(VISAやMaster等)のクレジットカードが必要ですが、これについてはほとんどの人は問題ないでしょう。
問題は、購入したチケットの“受け取り方法”についてです。

以前は(あるいはイベントによっては今でも)「Print at Home」というオプションが選べたので、アメリカ国外でも自宅でバーコード付きのチケットを印刷すれば、そのプリントチケットで問題なく入場出来ました。

ところが最近(2017年2月時点)、NBAのチケット受け取り方法は「Mobile Entry」、つまりスマートフォンでのe-Ticket提示に一本化されていました。ところが、この「Mobile Entry」、米国外からはIPアドレスがブロックされる為に、インターネット経由で受け取ることが出来ません。更に、「このチケットはプリントアウト出来ません」とのお達しも書いてあり、かなり焦りました。

さすがアメリカ、イノベーション先進国家といいますか、デジタルデバイド先進国家といいますか(笑)、先端テクノロジー(=よりよいと思われるもの)の導入には全く躊躇が無いです!
※基本ついていけない人は置いてけぼりです。もちろん、それなりにセーフティネットは用意されてますが(例えば↓の3.の方法)。

こういう思い切った“切捨て”文化はとてもアメリカらしく、躊躇せずにガンガン世の中を進歩させていきます。これがアメリカのいいところでもあり悪いところでも有り、日本とはなんとも対照的です。。。以前のエントリーも参照下さい(↓)。
(関連過去エントリー「日本人はテクノロジーに対して意外に保守的」

-----

さて本題のチケット受け取りTipsですが、いろいろ調べたりトライした結果、アメリカ国外でも以下の方法でTicketMaster発行のチケットが受け取れると思います。

1.米国IPアドレスのVPNが使える場合
あなたが幸いにも、アメリカ国内にIPアドレスをもつVPN(Vertual Private Network)を使えるなら、そのVPN回線を使って「Mobile Entry」のチケットを受け取ることが出来ます。私もこの方法でe-Ticket(iPhoneのPassbook)をダウンロード出来ました。
注意点としては、VPNを使ってもTicket MasterのApp(アプリ)経由では、何故かIPブロックがかかってチケットをダウンロード出来ませんでした。VPNを使い、かつSafari等の“ブラウザ”経由(チケット購入メールのリンクから跳べるはずです)で、ダウンロードを行ってください。

詳細は↓のTicket MasterのFAQサイトを参照下さい。これを見るとアメリカ国外でもブラウザを使えば、チケットをダウンロード出来ると書いてあるのですが。。。当時台湾にいた私は出来ませんでした(日本では未確認)。IPの環境にもよると思います。

「How do I use mobile entry?(英語)」


尚、世の中には無料のVPNサービスもありますし(ほとんどが英語サイトですが)、有料の国内サービス(セカイVPN等)もありますので(あえてリンクは貼りません。ご自分で調べてみて下さい)、ご参考まで。

2.米国VPNが使えない場合
チケットダウンロードの為にわざわざVPN回線なんて。。。という人へのお勧めの方法です。
旅行者の場合、たいていはゲームの観戦日よりも前に現地(アメリカ)入りしますよね。

そして、空港やホテルには当然のようにFreeWifiが飛んでますから、現地に到着後、スマホでこれらのFreeWifiに繋いでから(もちろんIPブロックはありません)、ブラウザ経由なりチケットマスターのApp(アプリ)経由で、問題なくe-チケットがダウンロードできるでしょう。

この方法の欠点は、現地に到着するまで、本当にチケットがダウンロードできるか、そわそわと心配しないといけない(笑)ことです。
心配ならばあらかじめアプリだけでもダウンロードしておくと良いでしょう。また最悪の事態を考えて、3.Will Callで受け取る方法も想定しておきましょう。

3.Will Call(窓口での受け取り)

おそらくこれが、Mobile Entryを使えない米国人や海外観光客のセーフティネットです。「Will Call」とは、実際に会場のBox Office(チケット売り場)でペーパーチケットを受け取る方法です。Box Officeで、予約証明(Confirmation Codeが書かれたメール等)と購入時のクレジットカード、身分証明書(日本人ならパスポート)を提示すれば、問題なく受け取れるでしょう。

ただし、ただでさえ土地勘の無い、英語にも不慣れな日本人には、実はWill Callもハードルが高いのも事実。事前に予約メールをプリントアウトしたり、BoxOfficeの場所や営業時間を調べておいたり、くれぐれも準備を万全にしておきましょう。

以上、イベントや個人の環境によってケースバイケースと思われますが、少しでもアメリカでのスポーツ・コンサート観戦に役立てば幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。