モノを減らす~断捨離について考える2017年編~

かなり昔のエントリーでモノを減らすこと(断捨離)について書きました。
(過去エントリー→「モノと一緒にリスクも減らす」

また、アフロヘアーでおなじみの稲垣えみ子(元朝日新聞記者)の書籍を読んで、最近また断捨離について考えています。
彼女のように冷蔵庫まで手放すことはさすがに出来ませんが(笑)、それなりに積み重ねてきた、モノ減らしのアプローチと今の状況について、かんたんまとめてみます。


【初級編】テクノロジーとアウトソースを積極的に利用する

・紙の書籍は電子書籍に置き換える。(済)
・本は極力購入しないで図書館で借りる。(済)
・所有CDは全て電子化して破棄、新譜はiTunesで購入する。(済)
・更に、音楽の“所有”に拘りがなければ、聴き放題サービスでOK。(済)
・固定電話は契約解除、携帯の大手キャリア契約もやめてIP電話に切り替え(海外でも同じ番号使えるのでかえって便利)。(済)(関連過去エントリー→「通信費を削減する(2017年編:少しの不便を受け入れれば節約効果は大)」
・PC・カメラ類はスマートフォンとタブレットに全て集約する。(これから予定)


【中級編】趣味やお付き合いをダウンサイジングする。

・年をとって出来なくなった趣味(フリースキー、SCUBAダイビングetc)は辞めてギア類は全て処分する。(済)
・レジャーでやる場合はレンタルで済ます(多少お金はかかるが“所有のコスト”と相殺できます)。(済)
・仕事関連の不必要なお付き合い・飲み会はお断りする。(済)
・仕事関係も上昇志向をやめ、自分のやりたいことを取捨選択する。(済)(関連過去エントリー→「Positive Demotionを選択する」


【上級編】引越しで強制的にモノを減らす。

・引越しのタイミングで必要なものを棚卸し、1年以上使ってないものは全て処分する。(済)
・広い部屋から狭い部屋に引越して、大きな家具類は処分する。(済)
・最終的には1LDKの部屋で快適に過ごせる荷物にまとめる。(これから予定)
→これが最終の理想形です。思えば学生の頃とか、社会人に成り立ての頃はそれくらいの荷物だったんですよね~。膨れ上がってしまった所有物と自尊心を、当時くらいシンプルな状態に揺り戻すのが目標です(笑)。


あとは基本、『物理空間でも精神空間でも、今持っているモノを捨ててスペースを空ければ、そこに新しいモノや機会(Opportunity)が訪れる』と考えてます。

何かを得るにはまず何かを捨てないといけません。これからもどんどん捨てて、新しいOpportunityが入り込む余地を広げておきたいな~と思います。

おわり

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ