PCやガジェットは迷わずアップグレードする

WindowsXPのサポート期限(2014年4月9日)が迫っています。

2006年に購入した我が家のメインデスクトップ、DELL製のDimension1100も当然XPだったので、まだバリバリ動いているのにもったいないな~と思いつつ、これを機会にWindows7搭載の最新機種に買い換えました。

新機種は同じDELL製のVOSTRO270sで、Intel 第3世代Core-i3/4GBメモリー/500GのHDD/19インチワイドモニター付きで5万円以下ですから、本当にPCって安くなりましたよね。

実は当初、OSだけアップグレードすることも考えたのですが、64bitOSになるとグラフィックカードの交換が必要なことが分かり、結局のところ新機種を買った方が安い、というありがちな結論に至りました。

ところがこの判断が大正解で、旧マシンを使っているときもそれほど不自由は感じていなかったものの、最新機種に替えることで、思いのほかPCの動作環境が快適になりました。

例えば、

1)昨今の映像のHD(高画素)化に伴い、YouTubeやVimeoの動画再生がカクカクする・止まるなどの症状があったがこれが改善。

2)ネットをしている裏でiTunesやインターネットラジオで音楽を聴いても音とびが無くなった。

3)WiMAXに変えてから(通信速度が遅くなって)利用できなくなっていた、VPN経由のサービスが使えるようになった。

など、特に通信費削減でひかり→WiMaxに変えて以来(→過去エントリー「スマートフォンの利用料金を削減する」)、ネット環境のパフォーマンスが落ちていたのですが、今回ハードを更新することで大きく改善したことは、本当に目からうろこでした。

他にも、

4)ワイドスクリーンになって、最近の横長なWEBデザインがぴったり収まり、いちいち横にスクロールさせる必要がなくなった。

5)ミニタワーから小スペースデスクトップになり、PCラックに全部ハードが収まり見た目にもすっきり。

などなど、5万円弱の投資でかなり快適に、そしてストレスが少なくなりました。

一方、デメリットとしてデータや設定の移動が面倒、という点が挙げられそうですが、Windows転送ツールと外付けのHDDを使うことで、次の日からほぼ同じ環境で作業が出来ました。

そもそも私用のメールはGmailなどのウェブメールですし、ストレージも年々クラウド環境が整ってきてますので、ますますローカルのハード(PCやスマートフォンなど)の変更は簡単になるでしょうね。

-----

今回のPC買い替えで、パソコンや周辺機器を定期的にアップグレードすることは、本当に大事なんだなぁと再認識しました。先端のガジェットなど年々パフォーマンスが上がり、そして値段は下がるので尚更ですよね。

実は会社のノートPCも、最近メモリを増設したりバッテリーを長時間タイプのものに変更したりと、こっそりとアップグレードしています。
会社の備品なので、おおっぴらにはまずいのでしょうけど、返却するときに元に戻せばいいだけですし、その辺り割とゆるい中小企業なのであんまり気にせずやってます。
※規則の厳しい会社ではくれぐれもご注意を。

例えばバッテリーの駆動時間が伸びるだけで、客先でのプレゼンもいちいち電源を借りなくてすみますし、次の客先へ移動しながらのメールチェックも躊躇なく出来るようになりました。結果、仕事のパフォーマンスや効率がかなり上がりました。(というか「PCのせいで生産性が下がる」ことがなくなった。)

「会社の備品にいちいち自分でお金を払ってまで。。。」

と怪訝がる人もいますが、皆さん仕事用のスーツとかカバンには自分でお金を払いますよね。
まったくそれと同じこと。自分の給料の原資がどこから出てくるのか、ちょっと考えれば迷う理由はありません。
むしろ高価なスーツやネクタイを買うよりは、ちょっとの投資で断然仕事のパフォーマンスが上がるので、会社支給のPCに不満がある人には本当にお勧めです(※くれぐれも自己責任でおねがいします)。

-----

という訳で、最近仕事でもプライベートでも、PCの買い替えやアップグレードは、思った以上に費用対高価が大きいなぁということを最近強く感じたので、エントリーにしてみました。

年をとると新しいモノを受け入れるのがおっくうになってきますが(苦笑)、PCやガジェットをアップグレードすると、めんどうなこと以上に沢山の便利性を享受出来ることが多いです。

自戒をこめて、これからも「PCやガジェットには迷ったら買い替える」ことを意識していきたいと思います。


↓最近めっきり見ることが少なくなった勝間さんの初期の本にも同じ趣旨が書いてあったと思います。
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
(2007/12/14)
勝間 和代

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ