FC2ブログ

マインドセットはゆっくりと、だが確実に変わる

Mr. サンデー(フジテレビ)で取り上げられたFIRE(Financial Independent, Retire Early)特集を見ました。

特筆すべきはFIREブログ界隈の有名人、元三菱サラリーマンこと穂高唯希さんが出演されたことでしょうか。
感想は個々人に委ねるとして、番組コメンテーターやSNS上のコメントからは否定的なコメントが多かったようです。
(参考リンク→)「私が考えるメディア出演の背景・意義」 ~三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた~ より

いっぽうで私個人の感想は、『あれぇ、普通に好感度高かったけどな??(笑)』です。
まぁ私自身、世間からかなりズレているという証拠ですね(苦笑)。

-----

でも、こうやってFIREやセミリタイアがわざわざワイドショーで取り上げられるということは、そういう選択肢がまだまだマイノリティー、悪く言えばイロモノということです。

ですが、世の中で‟常識や当たり前のこと”として私たちに刻み込まれたマインドセットって、多少時間はかかるが案外あっさり変わるものなんですよね。

例として、ここ10数年でマインドセットがすっかり変わったもの、もうすぐ変わりそうなもの、を思いつくまま挙げてみます。

1)すでにマインドセットが変わったもの

・終身雇用制度・・・若い人には信じられないかもしれませんが、私が就職した90年代は入社した会社に一生務めなければいけない、という空気がまだありました。
・35歳転職限界説・・・長い間信じられていましたが、労働者不足であっさり崩壊。
・高額な生命保険・・・以前は社会人になったら入るのが当たり前、という空気がありましたが、今では高額な保険料のほとんどが保険会社に搾取されているだけ、という事実がバレてしまいました(無論必要な人は入るべき)。
(関連エントリー→)「気付いたら年金の20年の壁を突破していた(生命保険からの卒業)」
・固定電話の権利・・・30年位前まではこれが財産として信じられていて、皆10万円くらい出して権利を買っていました。今では何の価値もありません(まだ債権って残っているの??)。
・音楽は記録媒体(CD等)で保有する・・・iTunesやSpotifyですっかりデジタルデータに移行、かつ消費するもの(サブスク)に変わりました。
(関連エントリー→)「ポスト・コロナ時代は早期リタイアして“所有する”生活を送る」

2)もうすぐマインドセットが変わりそうなもの

・退職金制度・・・転職が前提となった今、じきに無くなるでしょう。
・長時間通勤・・・コロナ禍で多くの職種でリモートワークが当たり前になり、(長時間)通勤は月に数日になったりしています。
(関連エントリー→)「セミリタイイーのWork From Home (ワークフロムホーム)」
・現金信仰・・・キャッシュレスもだいぶ浸透してきたので、もうすぐアメリカ(クレジットカード)や中国(バーコードペイメント)みたいに現金を使う人は余りいなくなると思います。
(関連エントリー→)「節約生活を追い求めていたらキャッシュレス生活になった」
・投資はギャンブル・・・若年層を中心に徐々に投資は長期資産形成の1つとして認識されつつあります。
(関連エントリー→)「老後資金の準備は積立NISA+iDeCoで十分じゃない?」
・高額な結婚式・・・どう考えても一般人の結婚式(披露宴)に数百万も支払うのは、結婚ビジネス界に利用されていると皆気づき始めています。
・TVやNHKの加入・・・若者はもうTVなんか持ってませんよね。スマホ、タブレットで十分こと足ります。
(関連エントリー→)「テレビは持たない」

こんな感じで、ちょっと考えるだけでも、この世界の常識(とされるマインドセット)はゆっくりと、だが着実に変わることが分かります。

-----

FIREの話題に戻ります。

結局こういうユニークな生き方も、後10年もたてばきっと普通の選択肢になる、と思うんです。もちろん全員が全員という訳ではなく、あくまでも選択肢の1つとしての‟普通”です。

遠くない未来、『FIREなんて当たり前すぎて記事にならないよね』くらいの認識に変われば、日本の社会が‟当たり前に多くの選択肢が取れる社会”としてアップデートした証なのかもしれません。また、そうなることを願っています。

(おわり)

基本、こういうライフスタイルの変化は欧米が先取り→アジアが後追いなので、リンダ・グラットンの著書(ワークシフトやライフシフト)を読めば10年、20年後の日本が見えるかもしれません。



関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック