FC2ブログ

SNSによる情報偏向の解消にはオールドメディアがおすすめ

皆さんは経済・投資情報の収集にはどんなメディアをつかってますか?

多くの人はネットニュースやブログ、TwitterなどのSNS、YouTubeがまず頭に浮かぶと思います。特にSNSとYouTubeは本当にマニアックな情報まで網羅していて、(信頼性はさておき)本当に便利ですよね。

そんな時代に逆行して、実は最近私が見直しているのがオールドメディア、つまり新聞やテレビです。

特にアーリーリタイア後は新聞の良さを再認識しています
最近は週に1回、図書館に行って日経新聞など1週間分の新聞を読むのを習慣にしています。完全にリタイアおじさんですね(笑)

ネット上ではついつい同じような指向(嗜好)を持つブログやSNSアカウントをフォローしてしまうので、どんどん情報が偏ってしまうんですよね。
で、最終的に自分のタイムライン上のコンセンサスが一般的なものと勘違いしてしまい、リアルでたたまたその話題が上がると世間一般の認識とのギャップに驚いたりします(苦笑)。

一方で、新聞やTVなど旧来のプッシュ型メディアに少しでも触れると、SNSからの情報偏向を矯正できますし、また時々(自分の情報収集アンテナ範囲外の)ハッとするような有益な情報を得ることもあります。

-----

最近ではこんな例がありました。

いつものように図書館で日経新聞を読んでいると、ある企業の社長のインタビューが目にとまりました。その会社はスポットコンサルティングのマッチングサイトを運営する会社で、個人的に興味が沸いたので早速アカウント登録したところ、これまでに何件かお仕事を頂きました。
まぁ謝礼はお小遣い程度でしたけど、バリスタFIREの副業としてはぴったりです。今後、あらたな収入源として育ってくれると嬉しいです。
(過去エントリー↓)
「【2020年版】アーリーリタイア後の複数の収入源をリストアップする」
「生真面目な日本人は「バリスタFIRE」を目指すべき?」

-----

こういう(これまで全く関係なくても)未来の自分にとって実は有益な情報の入手には旧来のプッシュ型のオールドメディア、新聞やメディアに一日の長があると思います。

まぁ有益な情報の入手には、情報を提供する側のクオリティと受取側とのマッチングが重要ですが。その意味で投資家には日本経済新聞やワールドビジネスサテライト(テレビ東京)などは良いと思います。
また国際ニュースを広く浅く網羅するには、個人的に英字新聞のジャパンタイムス・アルファがお勧めです(↓)。英語の勉強にもなりますし一石二鳥ですよ。
(過去エントリー↓)
「英語教材としてThe Japan Times AlphaはUnder Estimateされている」

まとめると、ネット上、とくにSNSでの情報収集はかなり偏向してしまうので、それを解消する為に、またアンテナ外の有益な情報も入手する為、少なくても新聞を一部、TV番組を1つ以上視聴することをお勧めします。

(おわり)

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック