スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通信費を削減する(2014年版)

2014年も早くも3ヶ月が経ち、我が家の通信費の更新時期になりました。

昨年のエントリー(→「スマートフォンの利用料金を削減する」)で、大幅に通信費(携帯電話とインターネット料金)の削減が出来たことを書きました。
今年は携帯電話の更新が無いので(2年契約の為)昨年と大きな違いはありませんが、備忘録として2014年版の通信料金をまとめてみます。

まず自宅のインターネット通信の更新ですが、いろいろと調べた結果、今年もWiMax(@nifty)の1年契約を利用することにしました。主な理由は以下のとおりです。

1.自宅のインターネット通信と携帯電話(1台分)のデータ通信が共用出来る。
2.通信速度はやや遅いが許容範囲(カタログ:下り最大40Mbps、実測:5~6Mbps←ADSL並ですね)。
3.昨年ほどではないが、それなりのキャッシュバック特典がついてくる。

結局のところ、今現在もっとも、料金と速度・サービスのバランスが取れていると判断しました。
残念なのは高速LTE通信のWiMax2+がまだ自宅周辺でサービスを開始していない点で、これは来年以降に期待です。反面、通信量の上限設定をいつ開始するか心配ですが。。。

------

さて、2014年版の月あたり通信費用を計算してみます。
※消費税は8%で計算しています。

iPhone(au契約) 1台目:3,747円
(LTEプラン/LTEフラット/ユニバーサルサービス料/誰でも割/ウェルカム割/毎月割/消費税)
iPhone(au契約) 2台目:3円
(LTEプラン/ユニバーサルサービス料/誰でも割/ウェルカム割)
WiMax:3,963円
WiMax:キャッシュバック -1083円(13,000円/年)
-------------------
合計 6,630円

です。昨年の実績が5,828円でしたので、802円/月の増加ですね。

大きく利いているのはキャッシュバックの減額(20,000→13,000円)です。今はサービス移行の過渡期なのか、各社あまりキャッシュバックに力を入れていないようなので仕方ないですね。全体的にはよく費用が抑えられていると思います。

とりわけ昨年見直しを始める前は16,125円/月でしたから、その後は毎月約1万円の節約です。1年間で12万、10年で120万にもなります。大きいですよね。
家族2人でこれですから、4人家族ならいろいろと工夫することで更に節約の余地があると思いますよ。

これからも、新しいサービスやキャンペーン情報にアンテナを張って(といっても常に調べる訳では無く更新時期に集中して調べる程度)、最新の機能(←これ大事です「PCやガジェットは迷わずアップグレードする」)とアフォーダブルなサービスを手にいれていきたいと思います。

お金の知恵は45歳までに身につけなさいお金の知恵は45歳までに身につけなさい
(2012/04/25)
山崎 俊輔

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。