スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ホテルをお得に予約する

海外旅行に行く時はパックツアーを使いますか?それとも個人手配ですか?
コスト的には格安なパックツアーはとても魅力的なのですが、最近の私の旅のスタイルは、

・なるべく1箇所に滞在し、
・のんびりと自分たちのペースで、
・その場所の生活や雰囲気を楽しむ。

というものなので、慌しく観光地巡りをするパック旅行は向いていません。
よって必然的に旅行の手配は、「(LCCや航空会社キャンペーンの)航空券+ホテル予約」となります。

ところで海外ホテルの個人手配も、インターネットの予約サイト普及のおかげで、昔に比べずいぶん楽になりました。
最近は、もっぱらトリップアドバイザー(ホテルの口コミサイト)で、予算内且つ評判の良いホテルを選び、そこからリンクが張られた予約サイトで価格を比較して予約をする、という流れが定番です。

海外ホテルの予約サイトもずいぶんと増えてきました。今回のエントリーでは、自分がよく利用する予約サイトを独断と偏見で評価してみたいと思います。
※あくまでも私個人の経験や印象がベースなので、一般的な評価とは違うかもしれません。あらかじめご容赦下さい。


Expedia(エクスペディア)★★★☆☆

たぶん最初に日本展開を始めた海外のホテルエージェントだと思います。日本語対応は一番すすんでおり、日本語での電話サポートもあるので安心、初心者にもオススメです。
サポートが厚い分、ディスカウント率はイマイチな印象です。
最近Tポイントが貯まるようになりました。また、航空会社とも提携しているので(JAL/ANA)、航空会社のサイトから飛ぶと割引があったり、マイルも貯まります。
他にもいろんなキャンペーンでクーポンコードが発行されているので、予約するときはあらかじめ「Expedia+クーポン」で検索するのを忘れずに。

Hotels.com(ホテルズ・コム)★★★★☆

個人的には一番よく利用するサイトです。Expediaと同じくらいのホテルカバー率で、インターフェイスがシンプルで使いやすいです。またWelcomeRewardsというポイントプログラムがあり、10泊すると次回のホテル予約時1泊分が無料(正確には10泊分の平均宿泊料分の割引)となりお得です。
但し、それほど利用頻度が無い人は、Masterカードのプロモーションを利用するとほとんどのホテルが10%割引となるので、ポイントは貯まりませんがこちらの方がお得です(2014年12月31日まで)。
また、頻繁に割引プロモーションコードを発信してるのでtwitterでフォローしておきましょう。

Agoda(アゴダ)★★★☆☆

他サイトに比べるとカバー率や部屋の選択オプションは少ないのですが、客室の押さえ方が違うのか、時々びっくりするくらいのディスカウントを見つけることが出来ます。
日本語化が中途半端なので、少しだけ英語力が必要です。
裏技?としては、アゴダで日本のホテルを予約すると、なぜか国内大手予約サイトより安く予約できることがあります(特にツイン)。おそらく海外顧客向けには部屋単位での価格提供をしているからだと思います(世界的には部屋単位での価格がスタンダード)。
注意点としては、アゴダで予約したのに現地に着いてみたら予約されていなかった、というトラブルを時々聞きます。私自身は何回か利用していますが全く問題ありませんでした。心配な方はホテルへ予約確認をした方がいいかもしれません。

Booking.com(ブッキング・コム)★★☆☆☆

Agodaと同じく、価格だけなら比較的最安価格を提示することが多いです。
注意点は、このサイトはあくまでもホテルとの仲介サイトなので、カードへのチャージは予約したホテルから直接行われます。なので、ホテル側のチャージタイミングとレートによっては、サイトの提示価格と大きくことなることがあります。
自分は一度これで失敗したので(ホテル側が繁忙期でカード請求が遅れ、その間のレート変動でかなり高くなった)、現地決済以外ではこのサイトを使わないようにしています。

HotelClub(ホテルクラブ)★★☆☆☆

カバー率も低く、価格も高めのなので特筆する点は無いのですが、VISAカードで最大15%の割引特典が受けられます。ただしベースラインが高めなので、他のサイトと比較した上でトータルで安くなる場合に限り利用しましょう。
サイトの日本語化が中途半端な点はマイナスポイントです。

-----

あくまでの個人的な経験や印象からの評価ですが、いかがでしたか?
今後も日本語対応やキャンペーン展開などで、お得度や使い勝手はどんどん変わってくるとは思いますが、現時点での情報として参考になれば幸いです。

サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)
(2009/08/18)
高城剛

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。