F.F.マネープランを作る

今週めでたく42歳になりました。もうオッサンもオッサン、中年ど真ん中です。悲しいことですが。
まぁ歳をとることだけは、どんな人間にもFair(公平)なので、真摯に受け入れたいと思います。

ところで、10年前から毎年誕生月にかかさずやっているのが、資産集計とF.F.(ファイナンシャル・フリー)マネープランとのつき合わせです。

初めてファイナンシャル・フリーという言葉を知ったのが丁度今から10年前でした。
投資に関する知識も経験もほとんどなく、せいぜい株主優待券目当てにANA株を買っていた時代です。

当初想像したファイナンシャル・フリーの定義は、やはり「金銭的な束縛からの自由」的なもので、「なるべく早くお金を貯めて早期リタイアする」というものでした。
その後10年ちかく経って、私が今考えるF.F.の概念は、「お金について心配をしなくて良い状態を達成した上で、そこからどのように働くか、あるいは社会貢献をするか、そして人生を楽しむか」というものに変わりつつあります。

その辺り、F.F.に対する考えはこのブログの紹介エントリーにも書いていますのでどうぞ(→「はじめに」)。

-----

と、少々綺麗ごとを書きましたが、そこはやはりファイナンシャル(=財務的な)・フリーなので、まずは金銭的な側面にフォーカスしないといけません。
F.F.達成を目指す原点が、最初に書いたF.Fマネープラン(マイクロソフトのExcelで作成したもの)でした。その後現在に至るまで、当時作成した計画を変更することなく使っています。我ながらちょっと驚きです。

ごくごく簡単に私のマネープランを紹介すると、中身は次の3つ(Excelシートの3列)から構成されてます。

A列:年齢
B列:毎年の資産増加額:①給料から支出を引いた貯金額+②投資からのインカム・キャピタルゲイン
C列:累計の資産合計額:(前年の資産合計額+B列)x年利(1.XX%)

この表のアウトラインを作成したのちに、「最終目標(○○歳でXX円)を達成できるように、毎年の資産増加額(B列)と年利(C列のXX%の部分)を設定したもの」が私のF.F.マネープランです。
資産増加額も年利も作成した時点で全く根拠はありませんでした(こんなものかな~と入力)。とっても大雑把ですね(笑)。

ところが10年経ち、この計画を作ると作らないではずいぶん大きな違いがあっただろうな~と今は確信しています。
実は、このF.F.マネープランは計画自体を「達成する」ことよりも、プランを達成しようとする「行動様式」による効果がとても大きいのです。

まずプランを作って分かるのは、ギャンブルで大金でも当てない限り、B列①の金額、つまり本業からの収入をかなり順調に増やさないと(しかも支出は極力増やさずに!)、F.Fに到達しないことが分かります。

更に、C列の年利設定もある程度高く(少なくても5~10%)設定しないとF.F.は達成出来ません。コンスタントに年利5~10%で運用するというのは、投資経験が少しでもある人なら、いかに難しいか判ると思います。
つまり、ある程度積極的に(大きくという意味ではない)投資リスクをとることがF.F.達成には必要となります。

この2点、

1)本業での収入を頑張って増やす
2)積極的にリスクをとって投資する

が理解出来ただけでも、当時F.F.マネープランを作成した意味がありました。

実際この10年、自分自身や社会環境のイベントにあわせ出入りはありますが、ほぼマネープラン通りになっているところが、自分でも不思議かつ凄いな~と感じています。

-----

よく、夢や目標は紙に書いて壁に貼ったり周りの人に公言すると叶う、と言われますが(その行為のスピリチュアルな側面は全く信じません)おそらくその効用は、常にその目標を意識してそれに基づいた行動様式をとるからでしょう。

同じように、私のざっくりF.F.マネープランは、その根拠はさておき、自己のファイナンシャルプランニングの大きな指針(ガイド)になっています。

もちろん、リーマンショックや東日本大震災など、とうてい個人がコントロール出来ないことが起きるのが人生で、全てが計画どおりに行くとはとても思えません。
ですが、目標に届いても届かなくても、10年前の自分が“なんとなく”作成したマネープランの道筋を信じて、これからも仕事と資産形成を日々頑張りたいと思います。

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
(2007/11/16)
勝間 和代

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメント

お誕生日おめでとうございます。
私はマネープランは作っていませんでした。作っていれば今頃もっと豊かだったんじゃないかと思います。
>成為さま

ありがとうございます。マネープランはどうでしょう、作らなくても結果は変わらなかったかもしれませんが、作って良かったと思うことにしています。

今週退職されたのですね。おめでとうございます。今後もブログ拝見させていただきます。

管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ