スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行の計画は1年前に立てる

「1年後の予定なんてとても考えられない」
多くの人がそう思うでしょうし、私もそう考えてました。ところが今は、旅行、特に海外旅行の予定は1年前に立てています。つまり今頃は、ちょうど2014年の夏に何処に行こうか考えているところです。

こうゆう長期計画型の旅行スタイルはアメリカ勤務時代に作られたのですが、実はアメリカは国民の祝日が凄く少なく(例えば2013年は日本16日に対し、アメリカ10日)、かと言ってアメリカ人のように2週間以上有給を取る訳にもいかないので、数少ない連休を生かして効率的に旅行に行くため、予定をかなり早く立てる習慣が出来上がりました。

が、日本に帰ってきてからも(実は日本にいる時のほうが)そのメリットが大きいことに気がつきました。旅行の計画は1年前に立てるのがよい、その理由を5つ挙げてみます。

1.予定は思った以上に遂行出来る。

これは自分の経験から間違いありません。これまで数十回旅行に出かけましたが、エアーや宿泊の予定まで全て変更、あるいはキャンセルした、というのはほんの数回だけです。その理由は、早めに計画を立てることで、その予定に会わせて仕事やプライベートを調整できたり、早くから周りに宣言することで、有給を上手く活用出来たりするからです。
もし本当に大事な予定が入ってしまった時は、手数料を払って変更したり、縁が無かったと思ってキャンセルすれば良いだけのこと。それくらいの感覚でいれば、実はほとんどの場合、あっさり予定どおり旅立ててしまいます。

2.航空券のチケットが抜群に安い。

これは言うまでもありませんね。多くのエアラインが355日前や330日前など、だいたい1年前から国際線のチケットを発売しています。LCCなどは発売キャンペーンもやりますから、航空券は早く押さえれば押さえるほどお得(なことが多い)です。GWやお盆の時期に出かけるなら尚更です。この時期は休みの日程も読みやすいので、日程が決まったらインターネットの航空券比較サイトでチケットを探し、さっさと購入してしまうのがお勧めです。
ちなみに今は
http://www.skyscanner.jp/
という比較サイトが使いやすいのでよく利用しています。

3.為替レートをヘッジ出来る(可能性がある)。

円安基調が続く現在(2013年8月)ならば、為替レートをヘッジ出来る可能性が高いです。もし旅行日が予約時より円高になった場合でも、ふつう旅行日に近づくにつれて航空券もホテル代も高くなりますから、やっぱり支払う額は安かった、というケースが多いです。
そして何より、1年前に支払いが終わっているので、すっかり支払いの痛みは忘れてしまってることが多い!これが一番です(笑)。

4.ご褒美感がある。

さすがに1年もあると、計画を立てていたときの盛り上がった気持ちも一旦は消滅して、予定が近づいてきたときに急に実感しますから、OLさん並みに『頑張った自分へのご褒美感(笑)』が満載です。ただし、あまりに忘れすぎて下調べが足りない時も多いので、そこは気をつけて下さい(それはそれで行き当たりばったり感があって楽しいのですが)。

5.人生のうちでそれほど多くの海外旅行には行けない。

こう書くとちょっと義務感が伴ってしまいそうですが、それでもやはり、生きているうちになるべく多くの国や土地を廻ってみたい、と純粋に思っています。同時に旅行にはかなり体力が必要です。がんがん旅を楽しめるのはあと10年くらいかなぁ、なんて考えているので、例えば年に3回、毎回違う国に行っても、たかだか30カ国です。もちろんそんなには行けないでしょうから、残された人生を考えるなら、やっぱり計画的に旅に出ることを考えるべきです。

どうでしたか?今となっては、旅は自分のライフワークですが、そんな人もそうでない人も、1年前から旅行の計画を立てるメリットを感じてもらえたら嬉しいです。

また、ちきりんさんのように世界を旅をすることが、ライフにもワークにもつながっていくことを最近実感しています。その辺のエントリーもまた書いてみたいと思います。

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!
(2012/05/19)
ちきりん

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。