NISA口座を家族で活用する

ここ数週間、世界の株式市場はISIS(イスラム国)の台頭や香港の対政府デモ、そしてエボラ出血熱懸念で大きく暴落しました(先週の時点で既ににかなり回復してしまいましたが)。

こういう時こそインデックス投資を行う最適のタイミングと考え、以前から考えていた嫁名義でのNISA口座開設の申込みを行いました。口座は自分と同じ楽天証券です(→「NISA口座を活用する」)。

楽天証券では、「ご家族・お友達紹介プログラム」を使って総合口座を開設すると、紹介した人・された人にそれぞれ3000ポイントずつ、計6,000ポイント(6,000円相当)の楽天スーパーポイントが貰えます。

更にNISA口座を開設すると、「投資信託買付け資金2,000円分」もプレゼントされます(11/28迄)。

合計で8,000円分になりますね。

これだけでも初年度NISA枠(100万円)の利回り8%分に相当しますから、かなりお得なキャンペーンだと思います(もちろん証券会社側は顧客を囲みたいわけで、これは提供する側のメリットでもあります)。

一応断っておきますが、私は別に楽天証券の回し者ではありません(笑)。
他の証券会社でも当然似たような口座開設キャンペーンを展開しているので、NISA口座で購入したい投資商品を販売している金融機関(←これが一番重要です)でいろいろと比較・検討すれば良いでしょう。

1点だけ注意点を。楽天証券をはじめ、いくつかの金融機関ではNISA口座開設に必要な住民票の代行取得サービスを行っているところがあります。平日に役所に行く時間が無い方には便利なサービスですが、代行サービスを使うとただでさえ長いNISA開設期間(約1.5ヶ月)が更に長くなるようなので(最大2.5ヶ月)、年内に買付けを行いたい方は十分注意しましょう。

-----

さて、夫婦でNISA口座を開設することで、NISA口座による非課税枠は、

100万円x2人=200万円(1年間)

となります。これが最大5年間継続されますから、非課税枠は最大で、

200万円x5年間=1,000万円

となります。プラス、現在検討されている非課税枠の拡大(1人あたり年間120万円)が実現すれば、1,200万円ですね(→過去エントリー「国の制度はよく変わると知る(生命保険からの卒業)」)。

これと、先のエントリー(→「401kの拠出枠を最大限に利用する」)で書いた、確定拠出年金制度を夫婦で利用すれば、最大で、

1,200万円(NISA最大非課税枠)+1,100万円(20年間確定拠出年金を利用した場合)=2,300万円

が、近い将来、非課税運用出来ることになりそうです(※)。
※NISA枠の拡大も、個人型確定拠出年金の配偶者への拡大もまだ検討中の段階なので、あくまでも実現すれば、の話。

これだけの非課税枠があれば、1家族が運用出来る金額としては、もう十分ですね。
どうやらよっぽどのお金持ちでなければ、将来海外移住などしなくても、日本に住んでいながら投資運用の非課税メリットを十分に享受できそうです。

あとはこれらの制度拡充案がきっちり実現することと、もっと言えばNISA口座の非課税期間が恒久化されることですね。
これらについては、今後も関連ニュースをきっちりフォローしていきたいと思います。

最新版!  税金がタダになる、おトクな「NISA」活用入門最新版! 税金がタダになる、おトクな「NISA」活用入門
(2014/09/20)
竹川 美奈子

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ