スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間とお金の価値は相対的なものと知る

先週のエントリーで3連休に沖縄に行ったことを書きました。

沖縄を訪れた理由は、ダイビングショップを経営している古くからの友人が、もうすぐ沖縄を引き上げるということで、その前にもう1度、沖縄に行っておこうと思ったらからです。
(ちなみに20代、30代にはちょくちょくダイビングで訪れていたので、そんな理由でもないと、あえてまた沖縄に行こうと思わないのです。)

私もその友人ももう40代、お互い少し遅めの転機が訪れている感じでしょうかね?仕事のこと、これからの人生設計のこと、いろいろ話す事ができて、とても有意義な時間が過ごせました。

ちなみに沖縄に行ったのにリゾート感はまるで無く、食事は焼き鳥屋とか中華とかでした(笑)。3連休なのでおそらくどこも観光客で一杯で、寧ろ良かったような気もします。あ、久々のオリオンビールと沖縄そばが美味しかったです!

初めて沖縄に行ったときのことも少し思い出しましたね。その時はまだ海外旅行に行ったことも無かったので、まだ少しの異国情緒を残す沖縄の雰囲気に、えらく感動したのを思い出します。
それから20年近く経って、必要以上に異国経験を重ねた今は。。。沖縄もやはり日本でした(笑)。ま、そんなところでも自己の経験値アップを感じられたのも良かったかな。

-----

ところで前のエントリーで書いたように(→「話す言語でパーソナリティは変わる」)、日本語環境では凄く人見知りなのと、高校を卒業して以来、ずっと遊牧民のような転勤・移動生活をしていたので、付き合いの長い友人関係というのはとても貴重です。しかも場所の離れた人と実際に会って話す機会となれば、尚更貴重な機会。

また過去エントリーに書いたように、40代は「人生の残り時間が決して多くはない」というのを意識し始める年代でもあります(→「資産のエンディングノートを作る」)。

今の年齢を表現すると、「まだまだ将来の自分に対して種をまける年代ではあるのですが、同時に果実の種類によっては、ある程度見切って刈り取りをしていく年」なのかな、と。

そういう意味で今実感しているのが、時間とお金の相対価値(の変化)です。
いろんな人が書いているように、若い頃はあたかも時間は無限のように感じられるので、時間<<お金という価値観を持ちがちです。が、30代~40代にかけてこのバランスは時間>>お金という方向へシフトしていきます。

今回の沖縄訪問でもそれを実感しました。3連休だったのでマイレージも使えず、新潟のような地方空港からの沖縄へのフライトチケットはかなり高かったです。例えるなら閑散期ならシンガポールまで往復出来るくらいの金額です(笑)。

でも行った結果はもちろん、「払ったお金以上の価値は十分あった」です。

これからの人生、どう考えてもますます「貴重な時間・体験>>お金」なんですよね~。
今回もそれを強くリアライズ(再認識)しました。若い頃はこういう感覚は判らなかったのですけど。

もちろんこれは安定した仕事と多少の蓄えがあってこそで、例えばリストラされて仕事が無くなったり、多額の住宅ローンや教育費の出費を抱えていたら、なかなかそういう訳にはいかないと思います。

なので年を重ねている中でも、こういう風に考えられる余裕があるのは(そのように意識して行動してきた結果でもあるのですが)、ある意味とてもラッキーで幸せなこと。
今後も貴重な残り時間を無駄に過ごさない為に、節約や投資など計画的にマネープランを実行していかねば、とも強く思った次第でした。

-----

旧友との話に戻ります。

会話を重ねた結果、偶然にもお互い、今から2015年にかけて、大きな個人イベント(プロジェクト)を控えているといった感じです。
いわゆるシンクロニシティーってやつでしょうか。最良のタイミングで最適な刺激を受けることが出来ました。

遅めの人生の曲がり角、どう転んでも結果としていい方向に動くように、Good Luck for Both!です。
Change can be good!(→「変化を前向きに受け入れる」

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる
(2013/06/12)
ちきりん

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。