そこに帰ってこれる願掛けをする

台湾・シンガポール旅行ネタが続きます。

最近の旅で心がけていることとして、なるべく一箇所に滞在し、その場所をゆったり楽しむことは以前のエントリーで書きました(→「そこに暮らすような旅をする」)。

加えてもうひとつ、最近の旅で行っていることがあります。
それがタイトルの、「その場所に帰ってこれる願掛けをする」です。

具体的な方法は幾つかあるのですが、その1つは、目的地のランドマークとなるような場所(景色の良いところがいいです)を訪れて、

『よし、またこの場所に(仕事やプライベートで)戻って来れるように頑張ろう!』

と自分に誓うこと。まぁ、いたって普通ですかね(笑)。

最近では、2年前にシンガポールのベイサンズの展望台に上って(一人で。。。笑)、そんな誓いを立てました。その後、仕事でシンガポール担当は外れたものの、今回プライベートでめでたく?シンガポールを再訪することが出来ました(→「サービスは支払いの対価と意識する」

そしてもう1つの願掛けの方法ですが(こちらはちょっとユニーク)、

『その都市のメトロや電車で使える電子マネーを買って、残金を残しておく』

というものです。ここで言う電子マネーは日本で言えばSUICAやPASMOのことです。
通常こういった鉄道系の電子マネーは、あらかじめデポジット(どこの国でもだいたいUS5$程度)を払わないといけないので、ほとんどの旅行ガイドではオススメしていません(旅行者用の1日券を薦めることが多い)。

ですが、例えばシンガポールの電子マネー、EZ-Linkカードは地下鉄もバスもこれ1枚で乗れて、何よりも凄く便利!今回の旅行でも、2年前に買ったEZ-Linkカードを持ち込み、さっそく空港からの移動に使いました。
※ちなみに、日本のSUICAは一定期間使わないとロックがかかるようですが、EZ-Linkは2年間使わなくても全く問題無し。

これに味を占め、台湾でも台北のメトロカード、EZカードを買ってみました。またここに戻って来れる願掛けとして。。。
そして、これまた旅行中は大変便利にEZカードを使い、帰国後しばらくは台湾に行くことはないだろうな~と思っていたところ、早速2月の台湾出張が決まりました(笑)。

という訳で、この方法は効果絶大です!

まぁ正直今回は偶然ですが、この方法のキモは、また行きたい場所で使えるモノ、ゆかりのモノを身の回りに持っておくことで、深層心理に働きかけ、いつか来る(休みや出張の)わずかなチャンスを逃さない、という点です。
基本的には、目標を紙に書いて目に見える場所に張って置けば、その目標を達成出来る、と同じ原理(深層心理に働きかける)ですね。

という訳で、みなさんもリピートしたい旅先があれば、その都市に行ったときに使えるようなモノをお土産に買い、ときどき見返すといいですよ。そうすれば、いつかきっとその場所を再訪することが出来ると思います。

死ぬまでに行きたい!  世界の絶景 日本編死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 日本編
(2014/07/12)
詩歩

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ