米と酒にはお金を払わなくていい時代

少しは資産運用係ブログらしいことを書いてみると、よく言われるように資産を増やすには、

「①収入を増やす」か「②支出を減らす」か「③運用する(お金に働いてもらう)」

の3つしかありません。もちろん一般の人が資産目標のゴールを達成するのに大事なのは、①>②~③の順。

ちまたで③の運用(投資)ばかりが注目されるのは、きっと①の収入を増やす、というのが短期間では難しいのと(一般の会社員は特に)、一般化できないからでしょうね。
が、実はお金を増やすのに最も効率が良い方法は、自分に投資をして「①収入を増やす」ことであるというのは、(若いうちだけでなく)常にKeep in mind(意識)しておきたいところです。

ところで「②支出を減らす」部分に関しても、「節約」というかたちで多くの人に関心があるところだと思いますが、個人的なPriority(優先度)は3番目。
保険料や通信費、車費用等のいわゆる“固定費を減らす”ことは大きな効果があるので、この部分には力を入れてますが、他の支出に関しては、日々のライフスタイルが既に比較的低コスト体質になっていることもあり、それほど神経質になってません。

保険料、通信費、車費用の固定費削減に関する過去エントリーはこちら。
「生命保険を卒業する(2015年)」
「過去通信費を削減する(2015年編その1)」
「クルマ支出を最小限にする」

-----

上記固定費の削減以外に、いわゆる節約として今行っているのが、食費にあたる「米」と「酒」の支出削減です。

米については、いまや一般化したふるさと納税で、ほぼ無料で手に入るようになりました。
ふるさと納税(寄付金控除制度)に関する過去エントリーはこちら(→「2015年のふるさと納税戦略を考える」)。

ちょっと計算してみます。

我が家(2人)での米の消費量は月に約5kg、年間60kgです。
ふるさと納税に対する自治体からの贈答品として、最近の相場(?)では、1万円で10~15kgのお米が貰えます。つまり、4~6万円の寄付で、1年分の米費用を充当することができます。
この金額であれば、自己負担が2000円に収まる寄付金上限額の範囲内に十分収まりますので、ほぼ無料で手に入ることになりますね(※)。金額にすると、

2000円(5kg)x12ヶ月-2000円(寄付控除の自己負担)=22,000円/年の節約に相当します。

※ふるさと納税は正確には寄付金控除制度ですから、寄付した年の次年の3月頃に所得税の還付、そして6月以降に月割りでの住民税減額となります。利回り(お礼の贈答品)を先に貰える定期預金のようなものなので、このタイムラグには十分注意したいところです。

-----

一方のお酒についても、ビールやチューハイであれば、最近はほとんどお金(正確には現金)を使わずに手に入ります。

利用しているのは、リンクさせてもらっている成為さんのサブブログで紹介されている、サークルKサンクスのK+カードのお試しクーポンです。詳細は↓のリンクからどうぞ。

「ビール24本を1,620ポイントで交換、サンクス店員「こんなの…はじめて…」

もともと我が家ではアルコール消費量が少ないのですが(平日はほぼ不要、週末にせいぜい350ml缶を1、2本程度)、楽天カードユーザーでもあり、毎月貯まる楽天ポイントの使い道がなかったところ、最近では余ったポイントはほぼビール購入に当ててます。

これも以前は毎月12本程度は購入していましたから、発泡酒(1本150円換算)だとしても

月1,800円、年間で21,600円の節約となります。

懸念点を挙げれば、ポイントでの購入本数が限られている点と、このお得な制度(といっても、供給側もプロモーションとして一定の価値があるからやっているのでしょう)がいつまで続くかといったところ。
ま、サークルKで終了しても、きっと似たようなサービスはまた出てくるでしょうから、こういった制度を今後も上手に利用していきたいところです。

-----

というわけで、今日はめずらしく節約を切り口にしたエントリーでした。

いずれにしても、20年前であれば生活必需品として費用を計上しないといけないもの(米や酒)が、ほぼ無料で手に入るって凄いです(まぁ正確には、控除されるだけの税金を支払う程度の収入(=労働)や、楽天ポイントを得るための支出は必要なのですが)。

そして冒頭に戻れば、“たかだか月5千円程度”のネット接続料のみで、②節約だけでなく、①収入を増やす(仕事)、②運用する(資産運用)に関する膨大な情報が手に入るって凄い!

なんともいい時代になりました。。。テクノロジーに感謝です。

NHK「あさイチ」お金が貯まる財布のひみつ:不安がなくなる貯金の極意NHK「あさイチ」お金が貯まる財布のひみつ:不安がなくなる貯金の極意
(2015/03/31)
横山 光昭、伊豫部 紀子 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ