スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通信費を削減する(2015年編その3:固定回線をIIJmioひかりに変更)

携帯電話の2年契約終了にあわせて、通信費の見直しを進めています。

通信費削減(2015年)に関する過去エントリーはこちら(↓)。
-----
「通信費を削減する(2015年編その1)」
「通信費を削減する(2015年編その2:米国でiPhone6を購入する)」
-----

基本、これまでのセットアップである、
・スマートフォン2台で、1台のデータ通信をWiMaxで固定回線と共用
を、同じか少しの増額で
・スマートフォン2台(MVNO)+固定ひかり回線
のシンプルかつ快適な通信環境にする予定です。

本来は現在より通信費が削減出来れば一番良いのですが、いわゆる「3円運用」等の裏技的な契約が出来なくなってきている昨今、価格+サービスのバランスを見つつ最適解を見つける方針です。

来月のau契約更新時期(MNP解約予定)に備えて、すでにWiMaxは月契約に切り替えているので(こちらも解約予定)、今週は新たな固定回線として「IIJmioひかり」サービスの申込みと開通を行いました。

固定回線としてIIJmioひかりを選んだ最大の理由は、もちろん携帯とのセット割引で、両方のサービスを利用することで毎月△600円が割引されます。
更に5/31までに両方のサービスに申し込めば、1SIMカードあたり△150円の割引(24ヶ月間)キャンペーンを実施中ですが、残念ながらauの契約更新が6月なので、この特典は受けられそうにありません。

※ちなみに価格.com等のサイトを見れば、“長期契約によるキャッシュバック込みで”もっと安価なひかり通信業者も多数ありますが、もう2年以上の長期契約や高額な違約金に縛られるのはごめんこうむりたい、とうことで比較的契約条項が緩い、MVNO系のサービスを選んだ次第です。

尚、少々見込み違いだったのが、機器レンタル料金として毎月300円かかること。
更に自宅にひかりコンセントが無い場合は(我が家は有り)、工事初期費用として最大18,000円(キャンペーンによるキャッシュバック有り)かかり、これが毎月の支払いに分割で上乗せされますから、自宅の環境によっては十分ご注意下さい。

ちなみに我が家のIIJmioひかり料金見込みは下記のとおりです。

・初期工事費用:2000円(光コンセントあり・追加工事無し)
・IIJmioひかりマンションタイプ:3,960円
・機器レンタル料:300円
・mio割(セット割):△600円
-----
合計:4,260円(税抜き・初期工事費用除く)

なんだかんだで、通信費は税込み8,000円を超えてしまいそうです。。。
次月のMVNO契約(SIMカード2個)が完了次第、通信費合計を計算してまたブログにて報告したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。