スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット時代になっても口コミの力はあなどれない(スリランカ旅行)

スリランカ旅行から帰ってきました。
今回の旅も、とても素晴らしい経験でした。

最近注目されてきたとはいえ、なぜスリランカへ?という人も多いかもしれません。
実はスリランカに行こうと決めたのは今から3年くらい前、マレーシア・ボルネオ島のリゾートに行ったときのこと、東京で大学教授をしているという英米人(国籍は失念)から、
「それ(旅好き)ならスリランカへ行きなさい。」
とアドバイスされたのがきっかけでした。

その後エアアジアのクアラルンプール-スリランカ便が撤退、一度はスリランカ行きをあきらめましたが、それから3年以上経って今回ようやく実現しました。

-----

さて、スリランカの魅力をまとめると、

1.数多くの古代遺跡群(世界遺産)
 有名なシーギリヤロックをはじめ、1週間では廻り切れないほどの、数多くの遺跡群があり、どれも素晴らしいです。

2.野生の自然や動物が豊富
 島国なので海沿いにはビーチリゾートがあって、マリンスポーツも楽しめます。一方、内陸では数多くの国立公園でサファリが充実しています。残念ながら見逃しましたが、シーギリヤ滞在中はホテルの敷地のすぐ外に野生の象が現れたとのこと!

3.治安が比較的良い
 内戦が終わったばかりとはいえ、仏教徒のお国柄か、治安はかなり良い印象です。滞在中、特に危険と感じたこともありませんでした(とは言え、世界一安全な日本とは比べられないので十分に注意されることをお勧めします)。

と、ぱっと書いただけでもかなり魅力的なDestinationなことが判ると思います。実際に行ってみて、本当にそのとおりでした。

-----

一方のデメリットは、

1.日本から遠い
 スリランカ航空の直行便でも約9時間、LCCだとエアアジアのクアラルンプール経由で7+4時間(乗り継ぎ時間除く)と、欧米並みに遠いです。

2.食事のバリエーションが乏しい
 毎日カレーですw。いや、カレーのバリエーションはとても豊富なのですがww。ローカルグルメはあまり期待出来ないと思ってください。ホテルのビュッフェ(コンチネンタル)は美味しかったです(笑)。

3.国内での移動手段が乏しい
 これが一番の問題だと思うのですが、島内での移動はツアー会社やホテル手配のチャータータクシーに頼らざるを得ません。これが距離によってUS100~150ドル程度かかるので、ホテル代は安めなのですが、移動にコストがかかってしまいます。
 そんな事情もあって、スリランカでは「1日100ドル程度でガイド兼ドライバーをチャーターする」のがとてもポピュラーな旅のスタイルとのこと。日本ではあまりなじみが無いですけどね。

※ドライバーをチャーターするときは英語ドライバーをお勧めします。日本語が出来るガイド・ドライバーは少なく、どうしても割高(1.5~2倍)となってしまうので。スリランカ人も決して流暢な英語を喋るわけではないので、多少英語が喋れれば大丈夫です。

以上、簡単ですがスリランカ旅行のPro(メリット) and Con(デメリット)をまとめてみました。
本当に良い国なので、機会があればぜひ訪れて下さいね。自分もあと1回は必ず訪れようと思っています。

-----

ところで冒頭のスリランカ行きを決めたときのように、現在はインターネット隆盛の時代ですが、ネット時代だからこそ、口コミは非常に価値がある、と考えており、その結果も“ハズレ”はほとんどありません。

他の例だと、『アメリカのスーパーで、おばちゃんが教えてくれる美味しいもの』にほぼ間違いはありません。例えば、

J. Lohr(ジェイ・ロー)の赤ワイン・・・10~15ドルとリーズナブルだがとても美味しい!

Trader Joe'sのベルギーチョコレートバー・・・甘くないカカオ風味がグッド。個人的には72%カカオがお勧め。

・同じくTrader Joe'sのシナモンクッキー・・・シナモンOKならかなりいけるクッキー。

などなど。

-----

特に外国人は(大阪のおばちゃんも?)、自分が良いと思ったものは、知らない人にどんどん教えてくれる傾向があります。
日本人だと(特に私など)、もし相手が気に入らなかったら。。。と考えてしまいがちですけどね。

という訳で、もし外国人から「~はとても良いよ!」と聞いたら、その口コミにはぜひ乗ってみることをお勧めします。本当にハズレは少ないですよ~!!(あくまでも個人の経験であり、一切責任はもてませんが、笑。)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。