旅の荷物は最小限にパックする 続編

アクセス極小のこのブログですが、その中でも比較的読まれている過去記事に、

「旅の荷物は最小限にパックする」

というエントリーがあります。

この記事の中では、おすすめのキャリーバッグとして、

-----
国内線orLCC→サムソナイトのモバイルオフィス55cm
国際線→TUMIの22020
-----

を紹介しました。いずれも国内線、国際線の最大持込サイズ(※)のキャリーバッグです。
※持ち込みサイズは航空会社、機材(座席数)で若干変わりますので注意。

ところで国内線用のサムソナイトの方は、かれこれ10年以上使用してきた為、持ち手のプラスチック部分が劣化で割れ、キャリー本体の骨組みの金属材が飛び出したりと、見るに耐えなくなってきたので、買換えを検討していました。

新しいキャリーバッグの条件は、

1)とにかく軽いこと・・・良く利用するLCC(エアアジア)の持ち込み重量制限が7kgと厳しい為。
2)ソフトケース・・・ちきりんではないですが、私もソフトケース派。
3)2輪・・・最近は4輪仕様がポピュラーですが、2輪の方が圧倒的に移動は速い(と思っている)。

の3つなのですが、TUMIは重いので1)でNG、また最近はハードケース、しかも4輪が主流のため、なかなか条件に合うものに巡り合えず、半年以上探してやっと見つかりました!

選んだキャリーは、同じくサムソナイト製のB-Lite55のアップライトです。

このキャリー、2.1kgと超軽量(持ち込み重量制限7kgでも衣類なら容量一杯詰められる)ながらも、容量は37.5Lと十分、そしてサムソナイト製なので軽さの割りに作りもしっかりしています。今回のスリランカ行で早速使用してみて、使い勝手も非常に良かったです。
とにかく軽くて機内持ち込み出来るキャリーバッグを探している人にはお勧めのキャリーバッグです。

ただし1つだけ注意点が。。。実はB-Liteシリーズのアップライト(2輪タイプ)は、国内の販売会社(サムソナイトジャパン)では販売していません。あくまでも主力は売れ筋のスピナー(4輪タイプ)のようで。。。

よって購入の際は、平行輸入品を扱うオンラインショップで買う必要があります。興味があれば、楽天やYahooショッピングで探してみて下さいね~。

さてさて、長い間探した甲斐があり、とても良いモノに巡りあえました。“道具は使ってナンボ”派なので、今後も出張や行で、がんがん使っていこうと思います。
皆さんもお気に入りのグッズを見つけて、行を楽しんで下さいね!

↓容量が若干減りますが、4輪派には同じB-Liteのスピナーがおすすめ。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ブログパーツ