アメリカ旅行Tips:日本からNBA、MLB等のモバイルエントリー(eチケット)を利用する方法

だいぶ前になりますが、2月(2017年)のアメリカ・ダラス旅行で、NBA観戦(Dallas Mavericks vs. Philadelphia 76ers)を楽しんできました。今回はそのときのチケット購入に関するTipsです。

NBAやMLB等、アメリカのスポーツやコンサートのチケットは、(リセール等を除き)Ticketmaster社のサイト(チケットマスター:www.ticketmaster.com)で購入することになりますが、アメリカ国外から購入するにはちょっとハードルが上がります。
※もちろんチケット代行業者等を使えば簡単に購入出来ますが、こういった代理店サービスは常に高価なので却下。

まず、オンラインでのチケット購入には国際ブランド(VISAやMaster等)のクレジットカードが必要ですが、これについてはほとんどの人は問題ないでしょう。
問題は、購入したチケットの“受け取り方法”についてです。

以前は(あるいはイベントによっては今でも)「Print at Home」というオプションが選べたので、アメリカ国外でも自宅でバーコード付きのチケットを印刷すれば、そのプリントチケットで問題なく入場出来ました。

ところが最近(2017年2月時点)、NBAのチケット受け取り方法は「Mobile Entry」、つまりスマートフォンでのe-Ticket提示に一本化されていました。ところが、この「Mobile Entry」、米国外からはIPアドレスがブロックされる為に、インターネット経由で受け取ることが出来ません。更に、「このチケットはプリントアウト出来ません」とのお達しも書いてあり、かなり焦りました。

さすがアメリカ、イノベーション先進国家といいますか、デジタルデバイド先進国家といいますか(笑)、先端テクノロジー(=よりよいと思われるもの)の導入には全く躊躇が無いです!
※基本ついていけない人は置いてけぼりです。もちろん、それなりにセーフティネットは用意されてますが(例えば↓の3.の方法)。

こういう思い切った“切捨て”文化はとてもアメリカらしく、躊躇せずにガンガン世の中を進歩させていきます。これがアメリカのいいところでもあり悪いところでも有り、日本とはなんとも対照的です。。。以前のエントリーも参照下さい(↓)。
(関連過去エントリー「日本人はテクノロジーに対して意外に保守的」

-----

さて本題のチケット受け取りTipsですが、いろいろ調べたりトライした結果、アメリカ国外でも以下の方法でTicketMaster発行のチケットが受け取れると思います。

1.米国IPアドレスのVPNが使える場合
あなたが幸いにも、アメリカ国内にIPアドレスをもつVPN(Vertual Private Network)を使えるなら、そのVPN回線を使って「Mobile Entry」のチケットを受け取ることが出来ます。私もこの方法でe-Ticket(iPhoneのPassbook)をダウンロード出来ました。
注意点としては、VPNを使ってもTicket MasterのApp(アプリ)経由では、何故かIPブロックがかかってチケットをダウンロード出来ませんでした。VPNを使い、かつSafari等の“ブラウザ”経由(チケット購入メールのリンクから跳べるはずです)で、ダウンロードを行ってください。

詳細は↓のTicket MasterのFAQサイトを参照下さい。これを見るとアメリカ国外でもブラウザを使えば、チケットをダウンロード出来ると書いてあるのですが。。。当時台湾にいた私は出来ませんでした(日本では未確認)。IPの環境にもよると思います。

「How do I use mobile entry?(英語)」


尚、世の中には無料のVPNサービスもありますし(ほとんどが英語サイトですが)、有料の国内サービス(セカイVPN等)もありますので(あえてリンクは貼りません。ご自分で調べてみて下さい)、ご参考まで。

2.米国VPNが使えない場合
チケットダウンロードの為にわざわざVPN回線なんて。。。という人へのお勧めの方法です。
旅行者の場合、たいていはゲームの観戦日よりも前に現地(アメリカ)入りしますよね。

そして、空港やホテルには当然のようにFreeWifiが飛んでますから、現地に到着後、スマホでこれらのFreeWifiに繋いでから(もちろんIPブロックはありません)、ブラウザ経由なりチケットマスターのApp(アプリ)経由で、問題なくe-チケットがダウンロードできるでしょう。

この方法の欠点は、現地に到着するまで、本当にチケットがダウンロードできるか、そわそわと心配しないといけない(笑)ことです。
心配ならばあらかじめアプリだけでもダウンロードしておくと良いでしょう。また最悪の事態を考えて、3.Will Callで受け取る方法も想定しておきましょう。

3.Will Call(窓口での受け取り)

おそらくこれが、Mobile Entryを使えない米国人や海外観光客のセーフティネットです。「Will Call」とは、実際に会場のBox Office(チケット売り場)でペーパーチケットを受け取る方法です。Box Officeで、予約証明(Confirmation Codeが書かれたメール等)と購入時のクレジットカード、身分証明書(日本人ならパスポート)を提示すれば、問題なく受け取れるでしょう。

ただし、ただでさえ土地勘の無い、英語にも不慣れな日本人には、実はWill Callもハードルが高いのも事実。事前に予約メールをプリントアウトしたり、BoxOfficeの場所や営業時間を調べておいたり、くれぐれも準備を万全にしておきましょう。

以上、イベントや個人の環境によってケースバイケースと思われますが、少しでもアメリカでのスポーツ・コンサート観戦に役立てば幸いです。

通信費を削減する(2017年編:少しの不便を受け入れれば節約効果は大)

帰国してからブログを書くモチベーションがなかなか上がらないので、記録の意味で軽めのエントリーです。

保険や通信費といった『固定費の削減』は、Saving(節約)の基本中の基本です。

渡航前も通信費(携帯代とインターネット代)の削減にはかなり力を入れてきましたが、この1年間で更にMVNO(仮想移動体通信事業者)環境が良くなったので、帰国後の通信費も、かなり調べた上で(使用環境に照らして)最安のプランを組んでみました。

過去(2013~15年)の通信費削減に関するエントリーはこちらでどうぞ(↓)。
-----
「スマートフォンの利用料金を削減する(2013年)」
「通信費を削減する(2014年版)」
「通信費を削減する(2015年編その1)」
「通信費を削減する(2015年編その2:米国でiPhone6を購入する)」
「通信費を削減する(2015年編その3:固定回線をIIJmioひかりに変更)」
「通信費を削減する(2015年最終編:auを解約しIIJみおフォンにMNP)」
-----

さて、2017年にあらためて選んだ通信費内容(携帯・インターネット業者・プラン)を紹介します。

1)携帯電話用SIM

MVNO業者を選ぶのはもちろん、通話はIP電話(050)で十分と判断、データ通信オンリープランを選びます。そしてデータ使用量制限がなるべく少ない(低価格な)ものをチョイスする作戦です。

そこで選んだのがイオンモバイルのSIM。最低額プランが1Gで月額480円(税抜き)と格安!です。
最近はSMSでのセキュリティ認証が増えているので、これにSMS機能を追加しました。最終的に価格(月額)は以下のとおり。
※なお、キャンペーンでSIM代(初期費用)は1円でした(現在は終了)。

・480円(月額基本量) + SMS追加料金(140円) x 2台 = 1240円(税抜)

2)自宅インターネット回線

携帯のデータ通信量をWifiでカバーする為、また引越しも多い為、モバイルルーター系を選ぶことは決めていたのですが、これが悩みどころ。。。ここ1年で目新しいお得な業者・プランは出ていない様子(調査が十分でないのかもしれませんが)。
しかもどこの業者も2年縛りがデフォルトです。1年も経てば、いろいろと新商品・新プランが出てくるんですけどねぇ。

結局、Best Among the Worst(悪いものののなかで比較的マシなもの)として、ラ・クーポン(楽天)のWiMax・ギガ放題プランを契約しました。価格(月額)は次のとおり。

・2,883円(税抜・初回・2ヶ月目のみ2,199円)

1)2)を合わせて、通信料は月額4,123円(税抜)です。税込みでも4452円と5千円を切ったので、こんなもんではないでしょうか?昔に比べればだいぶ安くなりましたよね~。

-----

さて、価格が安いだけに少しの不満・不便があります。それは、

・IP電話は、一部の電話番号(フリーダイヤル0120等)にかけられない。
・WiMaxの通信速度が若干遅いので、携帯でIP電話をかける(受ける)ときは、WiMax(WiFi)→4Gに切り替える必要がある。

の2つ。まぁ、この程度の不便を許容することで、これだけ安い通信費が実現できるのですから文句は言えません。
(過去エントリーより)2014年の通信費が月額16,125円でしたから、それから比べれば△11,673円/月の節約です!

技術の発展や新規サービスの拡大もあり、いろいろ調べて工夫すれば、かなりの削減になりまね。
みなさんも通信費の見直し・削減にぜひトライしてみてください!

「変化」の1年はざっくり「安定」の3年

1年ちょっとの台湾生活から帰国し、4月から元の職場(国内)に復帰しています。

当初3年くらいの見込みで台湾の会社に出向したものの、M&A(Merger and Acquisition)の激しい業界なもので、出向先の買収案件に伴う組織変更で、不本意ながら1年ちょっとで帰国命令となりました。

日常生活は大変だったものの(その辺はまたブログで書こうと思います)、台湾での仕事環境はまさに自分の求めていたものだったので、あ~もうちょっと台湾で働きたかったな~というのが紛れもない本心です。

が、こればかりは自分のコントロール出来る範疇ではないので、まぁ致し方なし。
今後もポリシーどおり、“自分のコントロール出来ることに集中”して、理想のワーク&ライフを追い求めていこうと思います。

-----

さて、先週ようやく引越し荷物(船便)が到着し、まだまだ生活立ち上げの最中ですが、パソコンも届いたのでブログも少しずつ更新していきたいと思います。
更新頻度はしばらく落ちると思いますが、よかったらお付き合い下さい。

ところで1ヶ月前に帰国して、何よりも痛感しているのが“時間感覚の違い”です。
日本に帰って、周りの環境が余りにも変わってなくて驚いています。(たった1年間なので当たり前なのですが。。。)

外国での初年度はおそらく誰でも激動の1年です(環境に慣れるまで)。
とにかく、全てが新しい経験ですから、時間が経つのがとってもゆっくり感じます(→過去エントリー「人生を2倍生きられる方法を教えます」)。

ざっくりと「変化」の1年は「安定(したそれまでの生活)」の3年、というくらいの時間感覚ですね。

もちろん、決して安定が悪い訳ではないです。安定した生活が送れていることはとても素晴らしいと思います。

ただ長い間、同じ場所で同じような仕事をしていると、どうしても慣れというかマンネリ化してきてしまうので、ときどき思い切って環境を変える(あるいは強制的に変わる)のは、充実した人生を送るのに大事なことなんだなぁ~と実感しています。

(もう40代も半ばなので)いまさらセルフエスティームもくそも無い訳ですが、幾つになっても、新しい世界に飛び込む・体験することの貴重さを再認識した1年となりました。それだけでも無駄な1年ではなかったかと。。。

-----

さすがにもう長期の海外生活を経験することはないと思いますが、これからも未来の変化にびびらずに、出来るだけ未知の世界を探求していければいいな~と思う、今日この頃です。

おわり
ブログパーツ